NIIGATA 越品 History

「越品」誕生の背景

 

2015年6月、新潟三越伊勢丹が百貨店独自の視点で地元・新潟に光を当てることを目的に、食・ファッション・雑貨・工芸品など、あらゆるジャンルにおける「新潟の銘品」を発掘・編集してご紹介するプロジェクトをスタートしました。

 

新潟はかつて越後の国(越後国(えちごのくに)は、かつて日本の行政区分だった令制国の一つ)と呼ばれ、現在でも上越・中越・下越というエリアの呼び名が日常的に使われています。

 

この「越」の文字から「こえる」という意味を抽出して「NIIGATA 越品」と名付けました。

 

「想像をこえる」という表現は、お客さま一人ひとりが思い描く新潟のイメージを塗り替えるという決意の表れとなっています。

 

「NIIGATA 越品」そのものが新潟をより良い土地へと変えていく原動力になる……そんな思いを込めています。

 

このページをシェアする

「NIIGATA 越品」歩み

 

2015年 6月プロジェクト設立

 

2016年 3月 キャンペーンとしてスタート、新潟伊勢丹各階にて新潟の名品をご紹介

 

2017年 4月 新潟伊勢丹2階に常設ショップとして「NIIGATA 越品ステージ」をオープン。「NIIGATA EPPIN EYE」ブランドでオリジナル商品開発をスタート

 

2018年 3月 新潟伊勢丹7階に「NIIGATA越品ダイニング&カフェ」がオープン。新潟伊勢丹ホームページに「越品ストーリー」の掲載がスタート

 

2019年 4月 「NIIGATA 越品オンラインストア」を開設

 

2020年 9月 新潟伊勢丹1階へ「NIIGATA 越品」拡大リニュアルオープン。新潟県内8カ所の「三越伊勢丹サテライトショップ」に「NIIGATA 越品」コーナーを開設

 

 

 

関連事業 (サステナビリティ) 

 

 

2017年 2月 地域ブランドづくり・地域価値向上に取り組む「NIIGATA みらいプロジェクト」を発足 

 

2017年 4月 民間企業や自治体に対し、商品開発から販売までを総合的に支援するサービス「ブリッジ新潟」に参画

 

2019年 5月 新潟市で開催されたG20(農業大臣会合)PRブースに「NIIGATA 越品」として出展

 

2019年 10月 全国教育産業フェアに県立新潟商業高等学校「文化祭」とコラボレーション出店。高校生自らが「越品」の接客販売

 

2019年 11月 「阿賀野市フェア(地域PRイベント)」を開催。食料品売場、越品ステージ、越品ダイニングにて阿賀野市の食や工芸を紹介

 

  • 2019年 12月 2020年3月閉校の新潟市立笹山小学校と地元(北区)特産品「しるきーも(サツマイモ)」のPRイベント開催。小学生が考案したレシピをもとに加勢牧場(長岡市)他がスイーツを開発。又、越品ダイニングにてランチメニュー提供

 

2020年 9月 新潟の生産者や企業とのネットワークを生かし地域の魅力を再発見し、体験する学びのコミュニティ「DUAL LIFE」を発足

 

2020年 11月 「NIIGATA 越品」商品開拓の取組より「佐渡産フルーツコーナー(佐渡市)」を食料品売場「八百萬」に新設

 

2020年 11月 ブランディング支援を行ってきた「越後バナーナ(工場排熱を利用し循環の仕組みの中で栽培された新潟柏崎産バナナ)」PRイベントを食料品売場「八百萬」にて新潟大学と連携し実施。

 

2020年12月 新潟県の米粉発祥地・胎内市「胎内リゾート」が商品開発した米粉レアチーズケーキをNIIGATA 越品クリスマスケーキとして展開・販売。県の課題であるコメ消費に対し米粉での新たな商品開発と、同市で廃校を利用し苺づくり(LED栽培)に取り組む「いちごカンパニー」をマッチングすることで、商品だけでなく、事業者(胎内市)への関心、共感を高めた。

 

2020年12月 三越伊勢丹グループ〝希望のクリスマス〟に、コロナ禍で卒業制作発表の機会を失った「新潟国際調理製菓専門学校」の2年生40名に〝希望のクリスマス〟をテーマとしたアイシングクッキーの制作を依頼。NIIGATA 越品にて展開。生徒の皆さんが思い思いのクリスマスをハンドメイドクッキー1枚1枚に描き販売。

 

2021年 1月 県の課題であるコメの消費に対し米粉を使用したお菓子や麺類、また甘酒や味噌までを自主編集でNIIGATA 越品にて販売。「WITH RICE SHOP」をタイトルに、県内20事業者70SKUを展開。

 

2021年 2月 上越地域事業者をフォーカスした〝上越の良いモノがたり〟販売会をNIIGATA 越品にて開催。NIIGATA 越品 事業説明会、見学会、商談会を経て開発、協業の14事業者50SKUを展開。

 

2021年 3月

新潟県が組織する「新潟県内高速バスネットワーク協議会(県・県内高速バス運行事業者・県バス協会)」と高速バス(県内路線)を活用した県内初「貨客混載事業」を締結、運行を開始。

新潟三越伊勢丹オリジナルブランド「NIIGATA 越品」商品を混載し新潟伊勢丹まで輸送。

 

2021年 4月

お米(非食用米)に代表される国産バイオマス資源を活用したプラスチック樹脂原料の製造販売などを行っている株式会社バイオマスレジンホールディングスと協業し、新潟伊勢丹館内(NIIGATA越品他)で、お客様、新潟三越伊勢丹従業員双方に向け、お米(非食用米)由来のバイオマスプラスチック「ライスレジン」製品を通じたSDGs貢献プロモーションを展開。

今後、館内ライスレジン製素材への切替、また商品開発、県内企業への提案を双方で取組む。







RECOMMEND

その他のおすすめイベント

NIIGATA 越品

NIIGATA 越品

新潟三越伊勢丹 安心宣言

新潟三越伊勢丹 安心宣言

5月18日(月) から

おうち時間をもっと豊かに快適に! ~It's Normal 私らしい生活様式、始めよう~

おうち時間をもっと豊かに快適に! ~It's Normal 私らしい生活様式、始めよう~

4月17日(土) ~ 5月9日(日)

Mother's Day 母の日ギフトセレクション

Mother's Day 母の日ギフトセレクション

4月17日(土) ~ 5月9日(日)

マーク ジェイコブス「THE SNAPSHOT」

マーク ジェイコブス「THE SNAPSHOT」

3月18日(木) から

初夏のスポーツバーゲン

初夏のスポーツバーゲン

4月21日(水) ~ 4月26日(月) [最終日午後5時終了]

新潟伊勢丹STOREアプリダウンロードしませんか

新潟伊勢丹STOREアプリダウンロードしませんか

初夏の大北海道展

初夏の大北海道展

4月28日(水) ~ 5月10日(月) 〈最終日午後5時終了〉