ブラックフォーマル

【ブラックフォーマルのルールとマナー】喪服の選び方の基本知識

このページをシェアする

2019/12/30

着用機会のあまり多くないブラックフォーマルウェア。

 

いざという時、マナーやルールに則った装いで臨みたいものです。

 

立場や参列する場にふさわしいスタイルで、お見送りの心を表しましょう。

まずは喪主や親族として列席する場合、故人の知人などで参列する場合のケースがありますが、どちらも準喪服と呼ばれる装いであれば
問題ありません。

 

お通夜・告別式・三回忌までの法要の際は準喪服がのぞましいです。

 

 

 

また、お客さまからのお問合せで多くあるのが、「普段着用している黒色のスーツを着てよいか」というもの。

 

ブラックフォーマルウエアに使用されている生地は、黒の染め方が深く、同じ黒色でも、日常着の黒とは全く異なった見え方になります。

 

特に告別式でお手持ちのブラックスーツを着用すると、喪服の参列者の中で生地の光沢感が目立ってしまいがち。

 

やはり、ブラックフォーマルウエアを着用した方が最期のお見送りのシーンにふさわしいでしょう。

 

なお、急なお通夜に参列する際は、黒やダークグレーなどダークカラーのスーツでも問題ありません。

 

その際インナーは必ずダークカラーで、胸元の空きが広くないものをお選びください。

 

 

 

パンツスーツは略式のものになりますので、スカート・ワンピースが望ましいですが、ご年配の方やおみ足の悪い方、

寒冷地での参列の場合には、パンツを着用していても失礼にはならないでしょう。

 

 

 

まずは、どんな場面でも着られる一着をご用意いただくと安心です。

 

 

お気軽にブラックフォーマルショップにお問合せください。

 

 

 

 

ブラックフォーマルオンラインストアはこちらから

 

 

 

※記載の内容は、地域や宗派の慣習によって異なる場合があります

 

※数量に限りがある商品もございますので、品切れの際はご容赦ください。

※価格はすべて、税込です。

このページをシェアする

ブラックフォーマル

ブラックフォーマル

本館4階 | ブライダル・セレモニー,婦人服,婦人雑貨・靴

OTHER NEWS

その他のニュース

【ブラックフォーマルのルールとマナー】いつものバッグは持っていける?喪服の際のバッグ選び

【ブラックフォーマルのルールとマナー】いつものバッグは持っていける?喪服の際のバッグ選び

【ブラックフォーマルのルールとマナー】喪服の冬の装い コートや雑貨選び

【ブラックフォーマルのルールとマナー】喪服の冬の装い コートや雑貨選び