【レポート】イタリアから“銀河系軍団”が来店!「LEON」編集長との“ネオ”クラシコナイトに潜入

 

2019/3/31 UP

伊勢丹新宿店メンズ館では、3月23日(土)~24日(日)にかけて、新世代のイタリアクラシコ界をリードするデザイナー・オーナー・クリエイティブディレクターが一挙来日、オーダー会やPOPUPを開催しました。23日(土)の夜には華やかなナイトパーティーが開宴。「LEON」「LEON.JP」の石井洋編集長も駆け付け、8名とのトークショーが行われました。まるでイタリアクラシコの“銀河系軍団”とも言える錚々たるメンバーが集結した『ネオクラシコナイト』の潜入リポートを、たっぷりのスナップ写真とともにご紹介します。世界中のカメラマンからスナップされる彼らのスタイル哲学や、気になる今シーズンのトレンドもチェックしてください!

このページをシェアする

■リモデルしたメンズ館5階=メンズテーラードクロージング」

伊勢丹新宿店メンズ館は2019年3月16日に15年ぶりに大規模なリモデルが完成。5階=メンズテーラードクロージングでは、先行して2017年9月にリモデルオープンした編集ショップ「インターナショナルセレクション」が中央にあり、イタリアを中心に世界中の旬なテーラードクロージングがラインナップしています。今回のスペシャルなオーダー会はこちらが舞台に。

画像


ゆったりとスタイリストと会話を楽しめるカウンターの奥には、<PT01(ピーティーゼロウーノ)>、<INCOTEX(インコテックス)>、<G.T.A(ジーティーアー)>など圧巻のスラックスの品揃えを誇る「トラウザーズウォール」が降臨。
 

画像


また、今回のリモデルによって登場した「アルチザン」は、<Cesare Attolini(チェザレ アットリーニ)>、<Antonio Panico(アントニオパニコ)>、<Anderson & Sheppard(アンダーソン&シェパード)>といった世界屈指のサルトやテーラー、職人たちによる本国製オーダーを常時承ることができる世界初のコーナーです。

画像


<LA SCALA(ラ・スカーラ)>のテーラー山口信人氏が常駐するコーナーもメンズ館5階に。ガラスの壁で隔てられているので、洋服が仕立てられる過程をご覧いただけます。

画像


「アルチザン」はラウンジを擁しており、語らいを楽しむ対面カウンターや大型モニター、個室にもなるフィッティングルームなどを備え、ゆったりとおくつろぎいただけます。こちらでも今後、海外からのテーラーとお客さまを交えたパーティーなどを予定。
  

画像


自由にテイストミックスして旬のファッションを楽しみたい方から、本格的な英国サヴィルロウのスーツを仕立てたい方、とことんイタリアファッションがお好きな方まで、全方位的に大人のテーラードスタイルを楽しめる、メンズ館5階フロアの完成です!


■新世代のクラシック、“ネオクラシコ”なブランドが一堂に


今回の「ネオクラシコ」POPUPでは、イタリアクラシコの本流でありつつも、新しいスタイルを提案していることで評判のブランドから、<TAGLIATORE(タリアトーレ)>、<PT01(ピーティーゼロウーノ)>、<Gabriele Pasini(ガブリエレ パジーニ)>、<FORTELA(フォルテラ)>、<De Petrillo(デ・ペトリロ)>、<ernesto(エルネスト)>、<TITO ALLEGRETTO(ティト アレグレット)><THE GIGI(ザ・ジジ)>の8ブランドにフォーカス。オーナーやデザイナーたちが来日して、新作の受注会やコーディネートのアドバイスを行いました。


特に今回注目を集めたのは<タレアトーレ>と<PT01>のコラボレートポップアップ。ブラックツイルの同素材で作る特別なセットアップのオーダーを承りました。<タリアトーレ>は「ピーノライン」のシングルと「モンテカルロ」のダブルのジャケットに、<PT01>の新定番「ジェントルマンフィット」がセットアップに。(※こちらは4月2日(火)までオーダー可能です。)

画像


来日したのは海外でもスナップの常連で注目されるメンバーばかり。週末の2日間は「インターナショナルセレクション」のショップが一段と華やいでいました。オーダー会では、人気のデザイナーたちと直接相談しながらオーダーできるとあって、お客さまと熱心に生地やデザインを選んだり、ファンのお客さまと会話を楽しむ姿が見られました。
   

画像


こちらはオーダー会2日目のファッション。左から、<フォルテラ>のアレッサンドロ・スクアルツィさん、<デペトリロ>のベネデッド・デ・ペトリロさん、<PT01>のドメニコ・ジャンフラーテさん。

今回がメンズ館初のパターンオーダー会となった<ティト アレグレット>のティト・アレグレットさん。

 

画像


他にも<ガブリエレ パジーニ>や<ザ・ジジ>のオーダー会やポップアップがメンズ館では初登場。いずれもファンのお客さまから早速オーダーが入っていました。

今回のネオクラシコイベントを担当したのが、「インターナショナルセレクション」のバイヤー稲葉智大。作り手の人たちから、ブランドやものづくりの背景、スタイルのこだわりなどを、直接お客さまへお伝えしたいという想いがかなって、今回の大規模なポップアップが実現。

画像


大好評のうちに2日間が終了したネオクラシコイベント。今回見逃してしまった方は、次回もご期待ください。


■ネオクラシコナイトがスタート!

1日目のオーダー会の夜は、メンズ館8階=カフェ・リジークがパーティー会場となり、「ネオクラシコナイト」が華やかに開催されました。

会場は大盛況。PASS MARKETでご応募いただき、当選されたお客さまにご参加いただきました。中にはわざわざ関西からこのイベントに駆け付けてくださった方も!
  

画像


ゲストの方々もこの機会に熱心にお話されていました。

 

画像


バイヤーの稲葉から乾杯の挨拶があった後、「ネオクラシコナイト」のトークショーのMCゲスト、ラグジュアリーライフスタイル誌『LEON』『LEON.JP』の編集長石井洋さんが登場!トークショーの始まりです。

画像


石井編集長はブラウンの8つボタンのスーツにストライプのシャツ。モダンな着こなしなのにどこかクラシックな香りのする、まさに“ネオクラシコ”な装いです。

1人目は・・・
<タリアトーレ>のピーノ・レラリオさん!
 

画像

 

スーツ、シャツ、ソックス、シューズから眼鏡まですべて黒のスタイリング。高級感のある素材とシルバーのボタンが華やかなジャケットに、太ももまわりに少しボリュームのありつつもテーパードしたスタイリッシュなシルエットのパンツをあわせています。「今日は何を着てるんですか?」
 

画像


「今日は今回のイセタンメンズのために特別に作った<PT01>とのコラボレートのセットアップを着ています!」とのこと。さすが、お似合いです!

次に登場した<PT01>のドメニコ・ジャンフラーテさんも、今回のスペシャルコラボレートのセットアップを着用。ドメニコさんは、胸元にプリーツの入った華やかなシャツとドレッシーなスリッポンをあわせています。                                            

画像


「ピーノも黒を着ていたけど、ドメニコも黒だね。」と石井編集長。
意外なようですが、クラシックな紳士服では、ネイビー、グレー、茶などはあっても、普段着の黒のスーツは比較的めずらしいのです。
 

画像

 

ブラックのセットアップであれば、会場に展示されていた<タリアトーレ>の新作のジャケットや、<PT01>のスラックスとも相性が良さそうです。

                          

画像


また今黒が気になっているというドメニコさん。今シーズンお買物される方は黒のセットアップをチョイスの一つに入れてみては。

次は、人呼んで“モデナの怪人”、ガブリエレ・パジーニさんが登場。着用しているジャケットはオーガニックウールを使っているのだそう。「今の時代、エシカルであることは大切だと思います。」
 

画像


新作も生地にこだわりが。大胆なストライプ柄のデザインはマルゾット社の生地を採用。
         

画像


自分のスタイルは「コンテンポラリーなクラシック」だというパジーニさん。ジャケット、ジレ、パンツ、いずれも異なる柄を合わせています。さらに石井さんが注目したのはベルト。某著名ブランドのストリートファッションテイストが溢れるロゴ使いのベルトをチョイス。さすがは“怪人”!
 

画像


パジーニさんのスタイルを真似するのはなかなか難易度が高そうですが、楽しんでオリジナルのスタイルに挑戦してみてください。
 

画像


今回のイベントでは抽選会も開催。ゲストが本国より持参した特別なアイテムをそれぞれ1名づつにプレゼントしました。
パジーニさんも自ら抽選。

そして次は、<フォルテラ>のアレッサンドロ・スクアルツィさんが登場。アメリカ的な香りのする着こなしが多いアレッサンドロさん。「今日パーティーなのでお集まりの皆さまへ感謝をこめてジャケットを着てきました。」
 

画像


コーディネートのポイントは、「自分自身がどうありたいのか、それをどう伝えるのかを意識してチョイスしています。」
 

画像


アレッサンドロさんのスタイルはクラシックとヴィンテージの融合がテーマ。新作のアイテムもどこか往年のハリウッド映画を想起させます。
 

画像


「自分の服は、買ってから1年間クローゼットで眠っていても、その後でまた着たくなるような、そんなタイムレスな服を提案しています。」

画像

 

次に登場したのは、<デ ペトリロ>のベネデッド・デ・ペトリロさん。ブルーのスーツに、光沢感のある水色のタイ、スエードのブラウンのシューズを合わせた、普遍的なイタリアクラシコのスタイリングでありながら、モダンなシルエットのスーツが現代的な印象を醸しています。
 

画像


着用しているスーツも、展示の新作のジャケットも、麻を使ったもの。「天然素材の麻が好きです。その中でも、ビンテージっぽい味があったりするのもいいですよね。」

 

画像


新作のジャケットは、トラベルがテーマ。インターナショナルな人が地中海を旅するイメージです。世代や時代を問わず愛用できそうなクラシックなデザインのジャケットには、白のポロシャツをコーディネートしているのがポイント。
 

画像


「ナポリといってもあくまでもインターナショナルで、ブリティッシュのテイストも入っていたり、さまざまな要素がミックスしたコンテンポラリーなスタイルを提案しています」とデ・ペトリロさん。
普段から海外渡航も多い石井編集長も「こんな装いで地中海のリゾートホテルに降り立ったら、とってもいい扱いを受けられそうですね。」と感心していました。
 


そして、<エルネスト>のエンリコ・メッザドリさんが登場。石井編集長とはまたシェードの異なる茶色のスーツ。「ブラウンは秋冬の色味だと思われがちですが、春夏にも楽しめる色です。」と石井さん。エンリコさんのスーツも、肩回りの柔らかさなど、リラックスしたシルエットなど、どこか春夏らしい軽やかな印象です。
 

画像


「今日着ているスーツはリネン100%でできています。」とエンリコさん。春夏シーズンらしさを醸しているのは素材も一因しているようです。「新作でもブランドのアイデンティティを落とし込んだリネンのジャケットを提案しています。」
 

画像


インナーはシンプルなカットソーをあわせ、足元はスニーカーがスーツをカジュアルに着こなしているエンリコさん。「スニーカーを合わせる時は、とにかくエレガントに見えるように心がけています」とのこと。「新作のジャケットと白のパンツのコーディネートの足元は何を合わせますか?」と石井さんから質問。その答えは・・・
 

画像


「エスパドリーユなどいかがでしょうか?」とのこと。夏のお洒落なコーディネートの参考になりますね。

そして、今回メンズ館で初のオーダーを行った、ティト・アレグレットさんが登場。ティトさんはトークショーのような催しに出るのは初めてなのだそうですが、余裕のオーラが漂っています。
 

画像


オフホワイトのジャケットとパンツに、春夏らしい淡いカーキのシャツ。ナイトパーティーのライトの暗い会場で、明るい色がひときわ映えています。石井編集長も「ティトさんといえばやはりちょっとくすんだハーブカラーとか色づかいが絶妙ですよね。」とカラーに注目。
 

画像


ナチュラルカラーが好きだというティトさん。ハバナをテーマにした新作もくすんだ絶妙なトーンの暖色やミリタリーグリーンを使用。ティトさんの髪の色や日焼けした肌に良く合いそうな色だという石井さんに、「世界で一番僕が似合います!(笑)」とティトさん。
 

画像


「きっとこのジャケットを買う人は世界で2番目に似合う人になりますね。(笑)」

ティトさんからのプレゼントは、私物のバンダナセット。当選したお客さまも嬉しそうです。

画像


そして、トークショーのラストには、<ザ・ジジ>のピエルイジ・ボリオリさんが登場。ピエルイジさんが着用していたのも、新作の提案も8つボタンのジャケット、そして石井さんも8つボタン!
 

画像


ピエルイジさんのこだわりは、まるでワードローブからさっととってきたものを組み合わせたような、シンプルでさりげない着こなし。「自分のアイディアやムードを反映させながら、自分が着たいように着こなせばいいんですよ。それが今の時代だと思います。」

画像


「ジャケットに強いブランドはたくさんあるけれど、自分たちも負けないように頑張りたい」と語るピエルイジさん。その新作のジャケットがこちら。カジュアルなインナーを合わせてこなれた雰囲気に。
 

画像


「シンプルにいくのが一番大事だと思っています。若い人にも自分を出せるようなものを提案したい。よりフリースタイルで、自由に楽しんでほしいと思います。」

画像


今回のテーマ“ネオ・クラシコ”は、まさにそんな風に『シンプルに、自分をさらけ出して、自分らしく楽しんで着る』というスタイルですね、と石井編集長の総括。
8名の個性豊かなゲストたちのトークショーが終了しました。

トークショーではゲストが登場するごとに歓声があがって、終始盛り上がっていましたが、ゲストがスタイルについて語る時は、他のゲストの方々も真剣な表情でした。

画像


トークショーの後は、“銀河系軍団”と石井編集長、バイヤーの稲葉で記念撮影。あれ、アレッサンドロさん携帯を見ていますよ・・・!
 

画像


実は、集合写真をゲストのみなさんが逆にパパラッチしていました!
 

画像


早速、伊勢丹メンズ館でのイベントの様子をUPしてくださった模様。みなさんSNSを使いこなしているのも、さすが“ネオ”なメンバーですね。
 

画像


ちなみに、石井編集長からスペシャルな情報が解禁。
4月16日発売の「Snap LEON」では、なんとこちらの8名のメンバーが表紙になっているそうです!迫力がありそう・・・。楽しみですね。

リモデルして、オーダーイベントもますます充実している伊勢丹メンズ館。今後もデザイナーやテーラーの来店イベントなど、お客さまと作り手を繋ぐ架け橋として、メンズ館ならではのスペシャルイベントをご提案いたします。

メンズ館の情報はISETAN MEN’S net」や各種SNSから随時発信。
これからのイベントもどうぞお見逃しなく!



~関連情報~

メンズ館リモデルのポイントと、来場者スナップはこちら
→【レポート】伊勢丹メンズ館が15年ぶりにリモデル!オープニングプレビューの様子をご紹介

画像


大きく変わった2階と6階についてはこちらをチェック
【レポート】速報!伊勢丹メンズ館2F・6Fが先行リモデルオープン

画像



先行オープンした紳士靴と、ヴィンテージ&トラッドの7階はこちらをチェック

【レポート】メンズ館15周年!リモデルした紳士靴オーダーサロンとタイムレスな服が大集結した7Fフロアとは

   

                   

RECOMMEND

その他のおすすめイベント

お歳暮ギフトセンターオープン

お歳暮ギフトセンターオープン

11月6日(水) ~ 12月22日(日)

エムアイ プラス2% ポイントアップキャンペーン

エムアイ プラス2% ポイントアップキャンペーン

11月22日(金) ~ 12月1日(日)

クリスマスキャンペーン 2019

クリスマスキャンペーン 2019

11月13日(水) ~ 12月25日(水)

伊勢丹のおせち

伊勢丹のおせち

10月2日(水) ~ 12月17日(火)

国立博物館×三越伊勢丹コラボレーションギフト LIVE

国立博物館×三越伊勢丹コラボレーションギフト LIVE

11月15日(金) ~ 12月31日(火)

クリスマスケーキ&ギフト

クリスマスケーキ&ギフト

10月5日(土) ~ 12月11日(水)

2020年 先行新春福袋 1年間の感謝を込めて、新春福袋をいち早くご案内

2020年 先行新春福袋 1年間の感謝を込めて、新春福袋をいち早くご案内

10月30日(水) ~ 12月18日(水)

化粧品オンラインストア Winter Cosmetic Collection

化粧品オンラインストア Winter Cosmetic Collection

11月15日(金) ~ 11月22日(金)

ウインターリカーセレクション

ウインターリカーセレクション

11月8日(金) ~ 12月17日(火)

クリスマスギフトに悩んだら! コンシェルジュに相談できるギフトサイト「MOO:D MARK (ムードマーク)」

クリスマスギフトに悩んだら! コンシェルジュに相談できるギフトサイト「MOO:D MARK (ムードマーク)」

11月16日(土) ~ 11月22日(金)