【レポート】メンズ館15周年!リモデルした紳士靴オーダーサロンとタイムレスな服が大集結した7Fフロアとは

2018/10/01UP

メンズ館が15周年を迎え、フロアがぞくぞくとリモデルしています。紳士靴コーナーには「オーダーサロン」が登場。7階には、トラッドなど普遍的な価値を持つファッションが集結した「オーセンティックウエア」がリモデルオープン。個性を放つそれぞれのコーナーの特徴をご紹介いたします。

このページをシェアする

■20代のシティボーイから、VAN世代までがターゲット

まずは新しくなったメンズ館7階の「オーセンティックウエア」をご案内します。これまでの「オーセンティックカジュアル」では、トラッドやヴィンテージ、ミリタリーやワークウエアがルーツで普遍的な魅力を持つカジュアルウエアを提案していましたが、リモデルによって、スーツやジャケットなどよりフォーマルなアイテムへ品揃えを拡充しました。

その中でも、特におすすめのアイテムが紺ブレ(紺色のブレザー)。紺ブレはアメリカントラッドの基本的なアイテム。20代のシティボーイからVAN世代まで、年代を問わず、長く楽しんでいただけそうなアメトラファッションを提案しています。

画像


アメトラの雄、<ブルックス ブラザーズ(Brooks brothers)>もこちらに。メイド トゥ メジャー(パターンオーダー)のスーツもこちらでご注文いただけます。一番の注目はメイド・イン・USAのジャケット。アメトラの正統であり、タイムレス、かつ、エイジレスなアイテムです。

画像


アメトラファンの方が細部までご満足いただけるよう、シャツのカラーキーパーまでメイド・イン・USAのアイテムをご用意。

商品画像


さらに<ポロ ラルフ ローレン(Polo Ralph Lauren)>も拡大オープン。こちらでもスーツやジャケットのメイド トゥ メジャーを承ります。今回の7Fリモデルオープンを記念して、<ポロ ラルフ ローレン>による、<ポロ ラルフ ローレン>のヴィンテージアイテムを使ったリメイクジャケットが数量限定で登場。この機会だけのスペシャルなアイテムなのでお見逃しなく。

ドレス系ゾーンだけでもだいぶ見応えあります。自分好みの紺ブレや白シャツを探す時は、ブランドの壁がなく回遊しやすいのでよく見比べて探せそう。これはもはやアメトラの聖地!?

画像



■カジュアルゾーンでは1点モノやヴィンテージを掘り起こそう

続いて、オーセンティックウエアのカジュアルゾーンをチェック。こちらでは、トラディショナル、ヴィンテージ、サスティナブル、アナログといったキーワードに、確かなフィロソフィーを備えたブランドをラインナップしています。

メンズ館15周年ということで、デザイナーの皆さまからいただいたメッセージが飾られています。そして、各ブランドから、ミリタリー・ワークテイストのおしゃれなアウターが。

画像


まるでヴィンテージショップで見かけるような、どこかレトロなデザインが今の気分です。
 

画像


こちらの「オーセンティック」のコンセプトは、実際の商品をご覧いただくのが一番分かりやすい!ということで、オーセンティックウエアのバイヤー・柴田に、特におすすめのアイテムを紹介してもらいました。
(※いずれも性質上1点モノが多いので、完売の際はご容赦ください。)

プロモーションコーナーでは日本の古布を使ったリメイクアイテムを提案している<クオン(KUON)>が初登場。
 

画像


木綿布が貴重だった時代、傷んだ部分に布を継ぎ足し、刺し子をして大事に使い続けたいわゆる「ぼろ」と呼ばれる古布を使ったリメイクジャケットやアウターをご紹介。もちろん同じパターンの布は存在せず、それらをフルハンドメイドで仕立てたジャケットなど、大量生産の画一的なアイテムとは真逆の方向を行くモノの価値を提案しています。

画像


細かいステッチが丁寧にほどこされた古布を見ていると、愛情を持って1枚の布を大事に使い続ける“もったいない”文化の尊さをしみじみと感じるとともに、手仕事による美しさも感じられます。<KUON>のプロモーション展開は終了しましたが、商品は継続してお取扱いしています。

こちらはバイヤー柴田のイチオシ。<ナイジェル・ケーボン(Nigel Cabourn)>のアウターは、デッドストックの生地を使った別注品。過去に展開していたこの柔らかいイエローのベンタイルクロスは現在取扱いがないので、古い生地を探し出してもらい2点のみ作ることができた、という貴重なアイテム。

画像


襟元はボアと、取り外しのできるフードが付いています。

画像


つづいて、こちらは<カナタ(Kanata)>のカウチンセーター。定番のフェアアイル柄も人気ですが、こちらは珍しいヘルメット柄のデザイン。なぜヘルメットかというと・・・
 

画像


裏をみると理由が分かります!ヴェスパの柄になっています。今回のリモデルに合わせて、<カナタ>のデットストックから見つけ出したもので1点のみの入荷です。
 

画像


自分が長く愛用できる1点モノに出会う楽しさ。それもこちらのコーナーならではの楽しみです。<カナタ>のカウチンニットは他にもめずらしい柄をそれぞれ在庫僅少で入荷していますので、店頭でお好みの柄をご覧ください。

画像


こちらは<オルテガ(ORTEGA’S)>のベスト。90年代に日本でも多く流通したので、40代以上の方には懐かしいアイテムかもしれません。今回はデッドストックを買い付けています。かっこいいのですがインパクトが強いので、おしゃれに着こなすにはどうしたらいいのでしょうか?

画像


そんな時は店頭のスタイリストにご相談ください。例えば、味のあるラフな素材のアウターをあわせるとこなれた雰囲気に。こちらは<エンジニアドガーメンツ(ENGINEERED GARMENTS)>のジャケット。

画像


明るめのブラウンとも良く合うし、カーキでもバッチリ。こちらのジャケットもベストも長く愛用できそうなデザインです。


時代を越えて愛されるモノを通して、その先にある新しいライフスタイルも提案する「オーセンティックウエア」。「いいモノと長く付き合いたい」、「作り手の想いに共感できるモノが欲しい」、そんな時はぜひメンズ館7Fをチェックしてください。



■紳士靴ファン待望!オーダーサロンが誕生

つづいて、メンズ館地下1階に完成した紳士靴のオーダーサロンをご紹介します。

画像


靴好きの方にとって、ご自分の好みやフィット感、素材やデザイン性などを突き詰めた先にあるのがオーダーの世界。一体どのような場所ができたのか、紳士靴のバイヤー・福田が高級紳士靴の世界をご案内いたします。

画像


オーダーサロンの入口は常にオープン。靴好きの方がいつでも集える、まさにサロンのような雰囲気です。どんなラインナップの靴をオーダーできるのか、どなたでもそのラインナップをじっくりとご覧いただけます。

画像


快適にオーダーの時間を過ごしていただけそうな重厚感のあるソファには、コンセントも完備。まるでラグジュアリーなラウンジのようです。

画像


これまでメンズ館では期間限定でオーダー会を開催していましたが、オーダーサロンが完成し、常時12ブランドものオーダー(フルオーダー:3、パターンオーダー:9)を承れるようになりました。
フルオーダーには日本屈指の名ブランド、<オーツカビスポーク(OTSUKA BESPOKE)>、<ヨウヘイ フクダ(YOHEI FUKUDA)>、<クレマチス(CLEMATIS)>がラインナップ。

画像


いずれもオーダー会で人気のブランドですが、これからはお客さまのお好きなタイミングでとっておきの1足をオーダーいただけます。(※要予約)
こちらは海外でも人気の高い<ヨウヘイ フクダ>のオーダーサンプル。クラシックで上品な佇まいです。

画像


パターンオーダーも錚々たる世界の紳士靴ブランドがラインナップ。こちらは<ステファノ ベーメル(STEFANO BEMER)>。

画像


アート作品のような造形美です・・・

画像


こちらは<エンツォ ボナフェ(ENZO BONAFE)>。既成靴では少ないエキゾチックレザーでお好みの靴を作ることができるのもパターンオーダーならでは。

画像


<コルテ(CORTHAY)>では、こんな色鮮やかなレザーからオーダーができます。

画像


青やオレンジ色も発色がよく、なかなか他にはないですね。カラフルなタッセルもポイントになります。

画像


パターンオーダーは、他にも<ジョンロブ(JOHN LOBB)>、<エドワードグリーン(EDWARDGREEN)><ジェイエムウエストン(J.M. WESTON)>、<アンソニー クレバリー(ANTHONY CLEVERLEY)>、<ジョージ クレバリー(GEORGE CLEVERLEY)>、<ダーミ(DAMI)>を常時承っています。紳士靴の世界最高峰ののオーダーを常時お楽しみいただける、伊勢丹メンズ館ならではのオーダーサロン。どうぞお楽しみください!


■ハイエンドな紳士靴の品揃えと新しいサービスに注目

そして今回、オーダールームの入り口にある、ハイエンドな既製靴のゾーンもリモデルしました。

画像


メンズ館ではトレンドのカジュアルシューズや、デイリーに履きたい2万円代の革靴から、10万円以上の既製靴まで、靴好きの方にご満足いただける幅広いラインナップを誇ります。ハイエンドゾーンは入口が広く、どなたでもご覧いただきやすい場所にあります。

ハイエンドのブランドラインナップを少しご紹介します。
こちらは<エドワードグリーン>。メンズ館15周年を記念した限定品が登場。
(※限定品はいずれも数量限定なので完売の際はご容赦ください。)

画像


<ジェイエムウエストン>からは個性的な素材感の新作のシリーズをご紹介。

画像


<ジョンロブ>も豊富なラインナップ。同じストレートチップの名靴をはき比べて、勝負靴を手に入れてみてはいかがでしょうか。

画像


<ガジアーノガーリング(GAZIANO&GIRLING)>はメンズ館に新登場のブランド。本国ではオーダーの人気も高いブランドなので、今後、オーダーのラインナップにも加わるかもしれません。

 

画像


美しい形状もさることながら、きめ細かくつややかな革は、芸術品のような光沢感です。

画像


こんな光沢の美しい靴を買っても、なかなか自分で磨いてこの艶を出すのは難しそうだな・・・
そんな心配、ご無用です!新たに、ハイエンドゾーンにも靴のお手入れコーナーが常設しました。
こちらのハイエンドゾーンで靴をご購入いただくと、その靴をいつでも無料で磨くサービスを新たに始めました。

画像


ご自宅が遠い場合などは着払いにてご送付いただくことも可能です。お気に入りの高級靴もお手入れが大事。適切な手入れをすることで、より長く履きつづけていただくことができます。

画像


お気に入りの靴のお手入れについて、また、オーダーについても、どうぞお気軽にご相談ください。靴好きの方にさらにお楽しみいただけるように進化した紳士靴オーダーサロンとショップへ、新しいサービスを体験しにいらしてください。

今回新しくなったサービスはショップのラインナップは、オーダーや1点モノなど、お店ならではの楽しみです。
メンズ館は15周年。これからもさらに進化する品揃えやサービスにどうぞご期待ください。





RECOMMEND

その他のおすすめイベント

お歳暮ギフトセンターオープン

お歳暮ギフトセンターオープン

11月6日(水) ~ 12月22日(日)

クリスマスキャンペーン 2019

クリスマスキャンペーン 2019

11月13日(水) ~ 12月25日(水)

伊勢丹のおせち

伊勢丹のおせち

10月2日(水) ~ 12月17日(火)

国立博物館×三越伊勢丹コラボレーションギフト LIVE

国立博物館×三越伊勢丹コラボレーションギフト LIVE

11月12日(火) ~ 12月31日(火)

クリスマスケーキ&ギフト

クリスマスケーキ&ギフト

10月5日(土) ~ 12月11日(水)

2020年 先行新春福袋 1年間の感謝を込めて、新春福袋をいち早くご案内

2020年 先行新春福袋 1年間の感謝を込めて、新春福袋をいち早くご案内

10月30日(水) ~ 12月18日(水)

ウインターリカーセレクション

ウインターリカーセレクション

11月8日(金) ~ 12月17日(火)

住所を知らない相手にもギフトが贈れるオンラインギフトブティック MOO:D MARK(ムードマーク)【初回送料無料】

住所を知らない相手にもギフトが贈れるオンラインギフトブティック MOO:D MARK(ムードマーク)【初回送料無料】

10月30日(水) ~ 11月14日(木)

定期宅配サービスISETAN DOOR 氷室豚入りおためしセットご紹介中

定期宅配サービスISETAN DOOR 氷室豚入りおためしセットご紹介中