2020年のプログラミング教育必修化目前! Digital Toyで遊びませんか?

2018/07/26 UP

2020年から小学校で必修化されるプログラミング教育。文部科学省の発表によると、算数や理科をはじめとするさまざまな授業でコンピュータを使い、論理的思考力を育むことを目的として導入されるとのこと。

でもデジタルって苦手だし、何から始めたらいいかわからないパパママのための企画「Digital Toy Park」が、新宿店本館6階=センターパーク/ココイクパークでスタートしました。

「Digital Toy Park」は遊びながらプログラムの基礎が学べたり、「論理的思考力」を育む“Digital Toy”を厳選してご紹介している期間限定のイベントです。

各ロボット(=Digital Toy)の特徴ごとに4つのカテゴリに分けてご紹介します。

このページをシェアする

■ブロックなどのパーツを組み合わせ、動作や仕組みを学ぶ「くみあわせロボット」 

 

くみあわせロボット

 

ブロックなどのパーツの組み立ての楽しさも、作ったロボットの動作の仕組みも学べるおもちゃが「くみあわせロボット」。

組み立ておもちゃの代名詞的存在である<レゴ®>にもプログラミング機能を搭載したモデルがあります。

その名も「レゴ®ブースト」。 

 

<レゴ®>クリエイティブ ツールボックス 17101

<レゴ®>クリエイティブ ツールボックス 17101 26,979円

 

使用する専用アプリにはチュートリアル機能があり、通常の<レゴ®>のようにブロックを組み合わせ、課題をクリアしながらロボットを組み立てあげていくので、ゲーム感覚で楽しめます。

ロボットの形以外にも、ギターや猫の形に組み替え、異なるプログラミング動作を楽しむことができます。

 

<レゴ®>クリエイティブ ツールボックス 17101

 

また別売りの「レゴ®ブロック」を足して、オリジナリティあるモデルにすることができるのも魅力です。

 

他にもロボットの構造やセンサーの仕組みを学びながら、組み立てができる<メイクブロック>のプログラミングロボットもあります。

 

<メイクブロック>プログラミングロボット

左:<メイクブロック>「Ultimate2.0」 54,000円、右:「mBot」 15,120円


こちらも別売りの拡張パックを追加すれば、機能もアップグレードできるので年齢や習熟度に応じた楽しみ方ができます。

 

■データから道具を出力する「ものづくりロボット」 

 

ものづくりロボット

 

パソコンやタブレットで作ったデータを立体で出力する3Dプリンタなどを揃えているのが「ものづくりロボット」。

「ダヴィンチ nano」は家庭用3Dプリンタ。 

 

<XYZ プリンティング>ダヴィンチ nano

<XYZ プリンティング>ダヴィンチ nano 30,024円

 

机のどこにでも自由に設置可能で、お子さまでも遊びながら3Dプリントを学べるエントリーモデル。

3Dプリンタに触れたことがない方は8月4日(土)・5日(日)に実演を行いますので、せひ遊びに来てください。

 

■一緒に遊ぶ「ともだちロボット」 

 

ともだちロボット

 

その名のとおり、友達のように遊べる「ともだちロボット」。

一緒に遊べば遊ぶほど成長していき、遊びの種類が増えるのが特徴です。 

 

<タカラトミーマーケティング>COZMO

<タカラトミーマーケティング>COZMO 29,139円

 

「COZMO(コズモ)」は人の顔を認識するロボットの「COZMO」と、パワーキューブと呼ばれる3つの立方体がセットに。

「COZMO」が持ち上げたりするパワーキューブはゲームの早押しボタンにも早変わり。

感情を持っているため、人間に接しているような錯覚に陥る「COZMO」と、毎日一緒に遊んでいくことで「COZMO」がどんどん成長していきます。

 

■命令したことを実行してくれる「めいれいロボット」 

 

めいれいロボット

 

指示したとおりのアクションを行う「めいれいロボット」は、直感的操作で3歳頃から遊べるものからプログラミングで指示するものまで幅広くラインナップ。 

 

<Sphero>SPRK+

<Sphero>Sphero SPRK+ 18,144円

 

「Sphero SPRK+((スフィロ スパークプラス)」は、タブレットにインストールした専用アプリから動かすロボットボール。

ラジコンモードとプログラミングモードがあり、プログラミングモードの一例としては、進んでほしい方向をタブレットに書いてボールに送信すると、そのとおりに動きます。

 

<Sphero>SPRK+操作画像

 

 

<Sphero>SPRK+操作画像

 

ボールのスピードなどを細かく制御することもできます。 

 

<Sphero>SPRK+操作画像

 

従来のようにスマホでのコントロールに加え、離着陸、旋回、宙返りなどをプログラミングしておくと自動操縦で飛行させることができるドローン<Makeblock>エアブロックなども。

 

一部のおもちゃは店頭にて親子で体験することができます。※3歳以上で、参加費は30分500円となります。

自分でタブレットを操作し、ロボットが動いた時の感動は静止画ではお伝えしきれません!

プログラミング=難しいという固定観念を吹き飛ばす、大人も楽しめるおもちゃで遊んでみませんか? 

 

RECOMMEND

その他のおすすめイベント

ISETAN SUMMER FES 2018

ISETAN SUMMER FES 2018

7月11日(水)~ 8月21日(火)

レディスブランド サマーファッションバーゲン

レディスブランド サマーファッションバーゲン

8月15日(水)~ 8月20日(月) 最終日午後6時終了

キッズブランドバーゲン

キッズブランドバーゲン

8月15日(水)~ 8月20日(月) 最終日午後6時終了

ビアガーデン

ビアガーデン

5月30日(水)~ 9月30日(日)

夏のファイナルセール&スペシャルセール

夏のファイナルセール&スペシャルセール

8月8日(水)~ 8月29日(水)