おいしいカレーパンが食べたい!第1回カレーパン選手権、開催!

2018/07/26 UP

このページをシェアする

夏に食べたくなるカレーを、ふんわりサクサクの生地で包み込んだカレーパン。数ある総菜パンの中でも根強い人気を誇っています。街を歩けば、具材や製法、色合いなどにこだわった様々なカレーパンが、ベーカリーやスーパー、コンビニに並んでいます。もちろん、伊勢丹新宿店の食品フロアにも。

いつも店内のモノコトを発信しているメディア担当は、ふと思いました。「どのカレーパンが一番おいしいんだろう…」

そして、こうも思いました。「実際に食べ比べてみたらよくない?」

ということで今回は、お腹を空かせたメディア担当が新宿店本館地下1階=食品フロアを歩きまわり、そこで出会った魅力的なカレーパンたちを全部食べて、どれが一番おいしいかを決めてみようと思います!

※掲載価格はすべて税込です。

※一部期間限定の商品がございます。

※なくなり次第終了。品切れの際はご容赦ください。

※各商品のコメントや評価は、メディア担当の主観によるものです。あらかじめご了承ください。

 

 

早速お目当てのカレーパンたちを購入し、いざ食べ比べ!ですが、一人で食べるのはちょっと寂しいし、食の嗜好はさまざまなので、何人かで食べたほうが役立つ情報になるのでは…

ということで、食が好きなメディア担当にも集まってもらいました!

 

カレーパン試食会の画像

左側手前から時計回りに、

【村本】食べることが趣味で生き甲斐。夏は無性にカレーパンが食べたくなり、今月は10日以上は食べている。

【佐藤】雑誌やテレビで気になる店を常にチェックし、休みの日に食べに出かける。

【杉山】料理が好きで、丁寧に作ることを心がけている。添加物の有無も気になり、パンは自分でも作る。

【瀧澤】グルメ好き。特にランチの情報通。タイ料理など、辛いものが好き。

 

 

村本:きょうは暑い中お集まりいただきましてありがとうございます。今回は、伊勢丹新宿店のカレーパンを集めてきました。並べて見てみると、種類もいろいろあって実に興味深いですね。みなさんは日頃どんなときにカレーパンを食べますか?

佐藤:家族がカレーパン好きで、街中で見つけると、買ってシェアして食べます。

瀧澤:身体のことを考えると、揚げたものはしつこく感じることがあって、カレーを食パンで挟んだ総菜パンを食べることが多いです。子どもにも人気です。ちなみにカレーもよく作りますね。辛いカレーが好きで、タイ風カレーとか。

杉山:出来立てを狙って、物産展やパン屋で買います。やっぱり揚げたてがおいしいので。

村本:なるほど、みなさん結構カレーパンには親しみがあるようですね。ちなみに僕は、朝昼晩問わず、いつでもどこでも食べたいときに買って食べるスタイルです。

一同:(笑)

村本:それではさっそく今回買ってきたものを一つずつ食べていきましょう!

 

 

■カレーパンの定番かつ王道

 

①<アンデルセン>アンデルセンのカレーパン 238円

<アンデルセン>アンデルセンのカレーパン 238円(税込)の画像

 

村本:まず一つ目は<アンデルセン>のカレーパン。見た目からして王道タイプですね。さっそく食べていきましょう!

杉山:サクサクして食感がいいですね。

瀧澤:時間がたっているはずなのにサクサクしているね。

村本:食べやすい。ほどよい辛さって感じですね。スパイシーな風味が後を引くというか。

瀧澤:このくらいの辛さだったら、子どもも食べられるかも。

村本:ちなみに、<アンデルセン>のスタイリストさんのコメントには、

「スパイスが風味の決め手。時間がたってもサクサクとした食感が特徴で、年齢問わず幅広い層の方々から支持をいただいております」とありますね。

アンデルセンのスタイリストの画像

 

佐藤:サクサクの衣がまさにカレーパンって感じですね。

村本:噛めば噛むほど口の中に広がる具材の旨味、すごく印象的です。美味しい!

 

カットしたアンデルセンのカレーパンの画像

 

※このパンの味わい、データ化するとこんな感じ?(あくまでメディア担当の主観です)

 

パン生地     :さくっと

ルー    :ペースト系

ボリューム    :★★★☆☆

辛味   :★★☆☆☆

酸味   :★★☆☆☆

旨味   :★★★☆☆

カレーパン好き【村本】のおすすめ度:★★★★★

定番であり王道の味。ほどよい辛味と酸味、そして旨味のバランス。きょうもまた食べたい…

 

②<銀座木村家>銀座手包みビーフカレー 238円(税込)

<銀座木村家>銀座手包みビーフカレー 238円(税込)の画像

 

村本:次は<銀座木村家>の「銀座手包みビーフカレー」。同じく揚げカレーパンですが、<アンデルセン>とは生地感が少し違いますね。

瀧澤:<アンデルセン>よりもっちり感が強いかも。

佐藤:あ、生地が甘い!

杉山:確かに揚げパンっぽい甘味のある生地ですね。カレーはちょっとスパイシー?

村本:生地そのものにも旨味というか甘味があるのは特徴的ですね。

瀧澤:具はスパイシーだけど玉ねぎの甘味をすごく感じる。ふわ~っと広がる感じ。

 

カットした木村家のカレーパンの画像

 

村本:お肉の旨味も感じますね。<銀座木村家>のスタイリストさんのコメントには、

「味と香りの高いビーフカレーにほぐし牛肉をまぜて、より深い味わいに。職人が一つひとつ丁寧に手包みして揚げています」とありますね。

銀座木村家のショップスタイリストの画像

 

佐藤:さっきの<アンデルセン>にくらべて、酸味はあまり感じないかも。

村本:確かに。カレーの表現でいうとコクがある、でしょうか。

杉山:生地の存在感も大きいよね。どっちかというと、おやつっぽく食べられるかも。

 

パン生地     :もちっと

ルー    :ペースト系

ボリューム    :★★★☆☆

辛味   :★★☆☆☆

酸味   :★☆☆☆☆

旨味   :★★★☆☆

外食好き【佐藤】のおすすめ度:★★★★★

生地の甘味とほぐし牛肉をはじめとした具材の旨味が、全体として「完成度」の高い味わいを表現していると感じた。さすが木村家さん!

 

 

■生地や具材にこだわった創作カレーパン

 

③<エディアールベーカリー>キーマカレー 378円 

<エディアールベーカリー>キーマカレー 378円(税込)の画像

 

村本:さて、お次は<エディアールベーカリー>から、具にキーマカレーが入ったパンです。

佐藤:チーズの下に…あ、キーマカレーだ!

瀧澤:パンがやっぱり高級な感じですね。バターたっぷりのタイプ。

村本:ね。キーマカレーの周りを取り囲むパンの生地がまずおいしい。

瀧澤:フランスのおしゃれな総菜パンって感じ。

杉山:チーズものってるからカレードリアみたいな感じもあるよね。

 

試食メンバーの画像

 

村本:ここで<エディアールベーカリー>のスタイリストさんのコメントを…

「エディアール角食の生地に、バタールのパン粉を散らした、素材自体が贅沢なカレーパン。フィリングにはスパイスの効いたレストラン仕様のカレーペーストを使い、パンチがあるのに辛過ぎない絶妙な味わいです。『キーマ』とは、ヒンディー語で、こまぎれ肉や挽肉の意味。本場インドでは地域や宗教により様々なお肉を使うそうです。エディアールのキーマカレーは、牛豚合挽肉を加えたしっかりとした肉感が食べごたえのひとつ。マリネされた大ぶりのセミドライトマトが潜んでおり、食べ進めると現れるジューシイな酸味にびっくりします。かりかりとしたバタールパン粉の食感も、ぜひ楽しんでくださいということですね。

エディアールのスタイリストの画像

 

佐藤:これ結構好きかも…

村本:僕ね、これ、お酒のつまみでいきたい…

瀧澤:お酒、いいかもしれないね。ビールとか、きりっとしゅわっとした、ハイボールなんかにも合うかも。

 

パン生地  :ふわっと、もちっと

ルー    :ゴロゴロ系、ジューシー系

ボリューム    :★★★☆☆

辛味   :★★★☆☆

酸味   :★★★☆☆

旨味   :★★★★☆

グルメ通【瀧澤】のおすすめ度:★★★★★

夏らしく酸味もしっかり感じれるフィリングが好き。お休みの日はいくつかお酒と合わせてアペリティフタイムを楽しみたい。

 

④<銀座木村家>とろけるカレーナン 270円

<銀座木村家>とろけるカレーナン 270円(税込)の画像

 

村本:次は再び<銀座木村家>から、「とろけるカレーナン」を食べてみようかと。見てのとおり、これ結構大きいんですよね。

佐藤:この大きさで税込270円って、コスパすごくいいですね。

杉山:すごく中のカレーがとろとろ!なんていうか、本当に「カレーが入ってます!」って感じだね。

佐藤:ルーは今までの中で一番辛いかも。

瀧澤:うん。でも美味しい!

 

カットした木村家のカレーナンの画像

 

村本:白くてふんわりした外見からくるイメージとは裏腹な感じで、確かに結構スパイシー度はありますね。いいですね、このギャップ感。

杉山:ルーが辛い分、生地のボリュームが多いのがいいかもね。

瀧澤:揚げてないふわふわの生地だから、わたし的には食べやすくて好きだな。あと、たぶんこれ、オーブンでちょっと焼いてもいいね。表面に焦げ目つけて。

村本:そうですね。ショップスタイリストさんのコメントには、

「ボリューム満点カレーパン!サクサクのパン粉がついたソフトフランス生地の中にとろりとろけるカレーフィリングを入れて白焼きに仕上げています」とあって、もしオーブンでちょっと焼いてみるとしたら、パン粉のサクサク感がより際立って、また違った味の表情を見せてくれるかもしれませんね。

佐藤:これ、上にチーズのせて焼いたらチーズナンみたいな感じになっておいしいかも…

 

試食メンバーの画像

 

村本:すごい!そういうアイディアいいですね。楽しみ方がいろいろあるのもカレーパンの魅力かもしれないですね。

 

パン生地  :ふわっと

ルー    :とろ~りクリーミー系、ジューシー系

ボリューム    :★★★★★

辛味   :★★★★☆

酸味   :★★★☆☆

旨味   :★★★★☆

外食好き【佐藤】のおすすめ度:★★★★☆

ボリューミーだからランチとしても十分おすすめ!中のカレーのとろとろ感が食欲をかきたてる。

 

 

■この夏食べたい期間限定品

 

⑤<イッツ サンドイッチ マジック>キーマカレーのプルアパートブレッド 918円(税込)

※9月までの限定展開となります。

<イッツ サンドイッチ マジック>キーマカレーのプルアパートブレッド 918円(税込)の画像

 

村本:さて、ここからは、個性豊かなサンドイッチが魅力の<イッツ サンドイッチ マジック>から、この夏限定展開の2品を食べていきましょう!最初は「キーマカレーのプルアパートブレッド」です。

杉山:大きいですね…。(笑)

瀧澤:これは一人では…。(笑)

村本:価格も税込918円ってことですし、これは複数人でシェアって前提でしょうね。

瀧澤:本当にいろんな野菜が入ってるね。パプリカも入ってる!ルーは生地にしみこんでる感じだね。

佐藤:ナス、ズッキーニも入ってる!

村本:夏野菜って感じですね。スタイリストさんのコメントを見てみると…

「プルアパートブレッドの『プルアパート』は、『引き離す(Pull apart)=ちぎって食べる』という意味を持つ、パンに切り込みを入れて、好きな具材を入れて焼き上げる、パーティやおもてなしにおすすめの料理。今回のキーマカレーのプルアパートブレッドは、トマトソースを加えたキーマカレー、パプリカ(赤・黄)、ブロッコリー、ナス、ズッキーニ、そして、レッドチェダーチーズ、ハイミックスチーズを入れて焼き上げました」とのことです。そうか、だから「プルアパート」なんですね。

佐藤:食べてみると…辛さはそんなにないね。野菜の味がすごくする!

瀧澤:なかなか面白いね。いろんな野菜がいっぱい食べられていいなって思う。友達とかグループで楽しむのにはもってこいだね。

 

パン生地  :表面はかりっと、中はもちっと

ルー    :ゴロゴロ系

ボリューム    :★★★★★

辛味   :★☆☆☆☆

酸味   :★☆☆☆☆

旨味   :★★☆☆☆

カレーパン好き【村本】のおすすめ度:★★★★☆

夏野菜をおいしく手軽に摂れるところが良い。キーマカレーに含まれているトマトソースの酸味が、全体としてのさっぱり感を後押ししてくれる。

 

⑥<イッツ サンドイッチ マジック>バターチキンカレーのキッシュ 411円

※9月までの限定展開となります。

<イッツ サンドイッチ マジック>バターチキンカレーのキッシュ 411円(税込)の画像

 

村本:さて、次も<イッツ サンドイッチ マジック>のパンで、いよいよこれが今回最後のパンになります。最後はちょっと番外編ということで、バターチキンカレーが入ったキッシュを食べてみましょう!

瀧澤:まわりはパイ生地みたいな見た目だけど、たまごのキッシュで囲んでるんだ!

佐藤:具材がごろごろしてる!

瀧澤:ほんとだ!チキンがごろり!あと、たまごがあるからすごくまろやかになるね。

村本:ショップスタイリストさんのコメントには、

「国産若鶏の粗挽き肉を入れて、トマト・バター・生クリームでコクと旨味をプラスし、北インド風に仕上げたバターチキンカレーを包んだ、<イッツ サンドイッチ マジック>オリジナルのキッシュです」とありますね。あと、結構まろやかな味わいだと思いましたが、これ、36種類ものスパイスを使ってるんですね!

イッツサンドイッチマジックのスタイリストの画像

 

佐藤:へぇ、そんなに!

村本:コクというか、味の深みの秘訣なんですね。あと、ボリュームとしてはライトな感じだから、朝食にもいいと思います。

 

カットしたイッツサンドイッチマジックのキッシュの画像

瀧澤:やっぱりキッシュだから、最後はたまごの存在感が際立つね。

杉山:うん、私はこの味好き!

村本:これもまたいいですね。お子さまも食べやすいと思います。

 

パン生地  :ふわっと

ルー    :なめらかクリーミー系

ボリューム    :★★☆☆☆

辛味   :★☆☆☆☆

酸味   :★☆☆☆☆

旨味   :★★★★★

素材にこだわる【杉山】のおすすめ度:★★★★★

ふわっとしたやさしい食感と、たまごのなめらかさの中に広がる、鶏肉の旨味。一度食べたらやみつきに!期間限定展開ということで、ぜひまた買って食べたい!

 

 

■メンバーが選んだおすすめカレーパンは?

 

村本:というわけで、6種類食べてみましたが…「これが良かった」というものはありましたか?

佐藤:私は、<銀座木村家>の「とろけるカレーナン」かな。

村本:あれは外見の印象とルーのスパイシーさのギャップみたいなのがたまらないですね。

杉山:私は、最後に食べた<イッツ サンドイッチ マジック>の「バターチキンカレーのキッシュ」が好き。食べやすくて、マイルドな味わいが良かった。

瀧澤:私は<エディアールベーカリー>の「キーマカレー」が美味しかったな。普段(家では)食べられない特別感があって。お酒にも合う味だし…。あえて1番をつけるなら、私はこれかな。

杉山:確かにキーマカレー美味しかったね。

村本:いろいろな種類を食べて、それぞれ特長を感じられて美味しかったんですけど、個人的には、はじめに食べた定番系の<アンデルセン>のカレーパンに返ってくるのかなと…。

瀧澤:それはあるね。定番ってことは飽きがこないってことだし。だから人気なんだしね。

村本:ここにいるみなさまの答えはさまざまでしたが、つまりはシーンに応じて様々なNo.1があるということですかね。誰と食べるとか、何と食べるとか。

瀧澤:人も食べ合わせもそうだし、いつ食べるかもね。いろんなシチュエーションに応じて選べるという。

村本:まさにその通りですね。そういった意味で、お客さまの気分に合ったカレーパンがありますので、この夏はぜひ、伊勢丹新宿店の食品フロアでいろんなカレーパンをお試しいただければと思います。では、きょうはみなさまありがとうございました!

 

瀧澤:ちなみに…ここの会議室、しばらくカレーの香りだね。(笑)

一同:(笑)

 

カレーパンの集合画像

 

カレーパンと一言にいっても、その味わいは実に多様であることを改めて感じました。ショップの個性や特色が表れる看板商品としてのカレーパン。見て、食べて、食べ比べて、あなたにとってのNo.1カレーパンを探してみてはいかがでしょうか。

以上、第1回カレーパン選手権でした。(第2回があるかどうかはまったくの未定です…)

 

 

らしさに出会える、食メディアWEB「FOODIE」もあわせてチェック!

 

RECOMMEND

その他のおすすめイベント

FENDI MANIA

FENDI MANIA

10月17日(水)~ 10月23日(火)

婦人大きいサイズ クローバープラスバーゲン

婦人大きいサイズ クローバープラスバーゲン

10月17日(水)~ 10月22日(月) 最終日午後3時終了

"ETRO 50"ポップアップストア

"ETRO 50"ポップアップストア

10月24日(水)~ 10月30日(火)

伊勢丹のお歳暮

伊勢丹のお歳暮