実は鰻だけじゃない?土用の丑の日に食べたい食材大特集!

2018/07/19 UP

このページをシェアする

毎年夏になるとよく聞く「土用の丑の日」。この日に食べるものとして真っ先に思いつくのは、やはり鰻ですよね。年々価格が高騰傾向にあるものの、この日はちょっと奮発!という方も多いのでは?もちろん、伊勢丹新宿店でもおいしい鰻を特集しております。ぜひご覧いただきたいのですが…実は鰻の他に、この日に食べると良いといわれる食べ物があることをご存知ですか?今回は、主役の鰻以外にも土用の丑の日に食べたい食材をご紹介。献立の参考にしてみてはいかがでしょうか。
※掲載価格はすべて税込です。 

 

鰻蒲焼弁当の画像

東西の鰻料理が大集合!こちらもぜひご覧ください!
「夏風味 土用の暑気払い」
□7月18日(水)~7月20日(金)
□本館地下1階=フードコレクション
 

 

■そもそも、土用の丑の日って、なに?


土曜日でもないのに「どよう」。そして「うし」の日なのに鰻を食べる…。考えてみれば、ちょっと不思議じゃないですか?
 

土用の丑の日キャンペーン画像

 

まず、「丑」は十二支の丑を指します。干支というのは年だけでなく日付にも紐づいていて、12日に1度は「丑の日」がやってくるのです。そして「土用」とは、季節の変わり目である立春・立夏・立秋・立冬の直前の18日間を指し、この期間中に巡ってくる丑の日を、「土用の丑の日」といいます。土用の期間中に丑の日が2度来るときは、一の丑、二の丑、というような表現をします(今年がそのパターンで、夏の一の丑は7月20日(金)、二の丑は8月1日(水)になります)。
夏だけのイベントのようなイメージが強いですが、実は春夏秋冬それぞれに土用の丑の日があるということになります。その中で、夏は特に暑さで体調を崩しやすい時期。夏バテの対策になる食べ物を食べようという習慣が広まり、夏の土用の丑の日は、丑の頭文字にちなんだ「う」のつく食べ物が、ちょうど夏バテ予防に良いということで注目されるようになったのです。

ちなみに、中でも鰻が定着したのは、江戸時代のこと。本来は冬が旬で夏場は売り上げが低調だったことに悩んでいた鰻屋が知恵者で有名な平賀源内という学者に相談したところ、丑の日は「う」のつく食べ物がよく食べられることから「本日、土用の丑の日」という貼り紙を出すようアドヴァイスされ、実際にやってみるとたちまち大繁盛したのがきっかけなのだとか。

このように、鰻が有名なのは確かですが、土用の丑の日にまつわる食べ物は他にもいくつかあるのです。たとえばどんなものがあるのか、本館地下1階=食品フロアを歩いて探してみましょう。
 

 

■暑い夏にぴったりな「う」のつく食べ物

 
厳しい暑さを乗り切る食べ物には、不思議と「う」の文字を冠するものが多いです。

・梅干し
老若男女に親しまれる、言わずと知れたご飯のお供。昔から、汗をよくかく夏には、塩分補給の食材としても重宝されてきました。

 

梅干しの画像

画像左側から時計回りに、<矢野農園>豊の香梅(100g):594円、<ちん里う本店>三年漬梅干(180g):1908円、<ISETAN MITSUKOSHI THE FOOD>龍神梅 梅干(150g):746円。
※本館地下1階=シェフズセレクション

・瓜(うり)
「きゅうり」や「すいか」といったウリ科の食べ物を指します。豊富な水分を含んでおり、夏の暑さで体にこもった熱を冷ますのにはもってこいの食材です。 

 

きゅうりの画像

左から、四川きゅうり、<海老原ファーム>ブルームきゅうり、もぎりきゅうり すべて時価。
みずみずしい食感がたまりません。サラダや浅漬け、和え物にも適しています。 
※本館地下1階=フレッシュマーケット
※天候などの事情により、入荷のない場合がございます。

 

すいかの画像

日本各地の名産地からおすすめのすいかをピックアップしております。
※本館地下1階=フレッシュマーケット
※商品内容は仕入れ状況等諸般の事情により、日によって変わる場合がございます。

・うるめいわし
目が大きく、うるんで見えることからその名がつきました。元気に夏を乗り切るために不可欠なビタミンやカルシウムが含まれています。干物として食べられることが多いです。

 

うるめいわしの画像

<魚勢>うるめいわし(1連):756円。お酒のアテにしても◎
※本館地下1階=フレッシュマーケット

・うに
夏が旬な魚介類といえば「あじ」や「いわし」ですが、実は「うに」も、旬を迎えるのは夏なのです。とろ~っと濃厚な味わいからはなかなか想像がつかないかもしれませんが、ビタミンが豊富に含まれています。

 

うにの画像

<東信水産>うに(生食用・1パック):3800円~
※本館地下1階=フレッシュマーケット 

 

うに軍艦巻きの画像

そのまま味わっても、豪華に丼やお寿司にして楽しむのもいいですね。 ※画像はイメージです

・うどん
夏の暑い時期にも食べやすく、炭水化物なのでエネルギー源にもなります。調理も簡単。生姜やねぎ、しそ、みょうがといった薬味をかけるとさらに美味しいですね。

 

うどんの画像

左から、<讃匠>さぬき本膳うどん(300g):357円、<稲庭うどん小川>稲庭饂飩(200g):519円、<寛文五年堂>いなにわ手綯うどん(200g):648円。
※本館地下1階=シェフズセレクション
 

 

■「う」のつくもの以外にも…?


昔から親しまれてきた土用の丑の日の行事食は他にもあります。

・土用卵
もともと栄養価の高い食材で知られている卵ですが、夏場の土用の時期の卵は、特に精がつくと言われています。食が細くなりがちなこの時期、しっかり食べて体力をつけるためにもおすすめの食材です。

 

たまごの画像

朝採り卵(1パック):324円
※朝採りのため、入荷が午後になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※本館地下1階=シェフズセレクション 

 

たまごかけご飯のたれの画像

<うね乃>たまごかけご飯のたれ(125ml):605円
手軽にたまごかけご飯にしても美味しくお召し上がりいただけます。
※本館地下1階=シェフズセレクション

・土用しじみ
冬に加え、夏も旬のしじみ。冬の厳寒期のものは「寒しじみ」、夏の猛暑の時期のものは「土用しじみ」として知られます。夏が旬の土用しじみは栄養価が高く、「土用のしじみは腹薬」として好まれ、昔から滋養食とされてきました。アルコールを多く摂取しがちなこの時期、肝臓を労るのにも一役買います。

 

しじみの画像

<東信水産>青森県産他 しじみ(100gあたり):430円
※本館地下1階=フレッシュマーケット 

 

しじみ汁の画像

シンプルにしじみ汁にしても美味しくお召し上がりいただけます。 ※画像はイメージです

・土用餅
もともと宮中で、暑気あたりをしないよう、丸めた餅を味噌汁に入れたものを土用の入りに食べるという風習がありましたが、後に餅を小豆餡で包んだあんころ餅に変わりました。由来は諸説ありますが、そのひとつには「小豆の赤色には厄除けの力があるとされていたから」という説があります。暑さに負けず無病息災で過ごせるように、げんをかついだ土用餅も土用の食に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

土用餅の画像

<鈴懸>土用餅(1個):195円
彦太郎糯にこだわってつくった餅をこし餡で包みました。
※販売期間:7月10日(火)~20日(金)
※本館地下1階=甘の味

 

土用餅の画像

<とらや>土用餅(1個):281円
黒糖餡ならではの品のある甘みがあとをひきます。
※販売期間:7月18日(水)~20日(金)
※本館地下1階=茶の道 

 

ちなみに…
同じく小豆を使用して作られる和菓子には、湯を注ぐだけでできあがる「懐中しるこ」というものもあります。暑い夏に熱いものを食べることで発汗を促し、体温を下げることが暑気払いになるとされていたのだとか。関西から広まった土用餅同様に、京都発の「熱い食文化」にも注目です。

 

懐中しるこの画像

<俵屋吉富>懐中しるこ(1個):378円
さらし餡に2種類の砂糖、葛、塩を加え、糯米で作った外皮で包みました。祇園際の焼印を施した伊勢丹新宿店限定の懐中しるこ。
※本館地下1階=茶の道/茶席菓子
 

 

■鰻が苦手な方、穴子はいかがでしょうか?


中には、「そもそも鰻が苦手…」という方もいらっしゃるかもしれません。でも、世間と同じように土用の丑の日を楽しみたい…。そんな想いにも応えられるということで、近頃、この時期は穴子も脚光を浴び始めています。
ウナギ目ウナギ科の鰻と、ウナギ目アナゴ科の穴子。生物学的には「親戚」といえるかもしれません。では味も似ているのかというと意外とそうでもなく、脂が少なめであっさりした味わいなのが特徴。身もやわらかく、とても食べやすいのです。天ぷらのイメージがある穴子ですが、そのヘルシーさゆえ、鰻のように蒲焼きにしてもさっぱり食べられるので、こちらも人気だったりします。

 

穴子の画像

<東信水産>穴子(1尾):880円
※本館地下1階=フレッシュマーケット 

 

穴子の蒲焼の画像

蒲焼の状態だと鰻とそっくりですが…味わいは結構違います。鰻が好きな方も、一度試してみてはいかかでしょうか?
※画像はイメージです


鰻と合わせて食べれば、さらに元気がつくかも?食品フロアへお立ち寄りの際は、鰻以外にもぜひご注目ください!

 

「う」のつく食材が集まった画像

 

 

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。商品情報は予告なく改定、変更させていただく場合がございます。

らしさに出会える、食メディアWEB「FOODIE」もあわせてチェック!

 

RECOMMEND

その他のおすすめイベント

MONCLER Genius

MONCLER Genius

10月10日(水)~ 10月16日(火)

伊勢丹のお歳暮

伊勢丹のお歳暮

FENDI MANIA

FENDI MANIA

10月17日(水)~ 10月23日(火)