紳士靴

<三陽山長>パターンオーダー会 国産シューズ復権の立役者、<三陽山長>の真価

このページをシェアする

2019/03/26 UP

前身の山長印靴本舗の時代まで含めれば今年19年目を迎えるパターンオーダーのイベントが3月27日(水)から4月2日(火)にかけて開催される。レザーのラインナップに8色揃うコードバンが加わり、サイズはメインラストR2010なら5〜11.5、ウイズはD、E、Fを取り揃える。

すでにスタートしているが、オンラインストアにはドレスニ(=ドレススニーカー)のコレクションがはじめて登場(4月2日まで)。売り場には試し履きできるポップアップがオープンしている。イベントがつづくこのタイミングで、あらためて<三陽山長>というブランドをひもときたい。指南役はブランド誕生以来、屋台骨を務めてきたマネジャーの猿渡伸平さんだ。

画像

<三陽山長>にはデザイナーがいない。ほんのすこしまえまでノーサンプトンのファクトリーでも取り立てて珍しいことではなかったとはいえ、いまなおデザイナーに頼らずものづくりを行っているところは、少なくともそれなりに知られているブランドにおいては寡聞にして知らない。

そのような態勢が許されるのは、150年つづく近代シューヒストリーを手本としているからである。ストレートチップ、ブローグ、モンク、ローファー……。じつにオーセンティックで、奇をてらったところが微塵もない。それでいて、一目みて<三陽山長>とわかる、凛とした存在感がある。

 

画像

 

 

画像

「ブランドを立ち上げてまもなく20年。革をみる目もそれなりに養われました。現在はタナリーの名にとらわれることなく、その年最高の革を仕入れている自信があります。それと、生産現場。われわれは20年変わらずひとつの工場とがっぷり四つに組んでものづくりに励んでいます。浅草のはずれにある工場はその存在を知らなければ通り過ぎてしまうほど(笑)、こじんまりとしています。しかし古き良き職人仕事が脈々と受け継がれる、稀有な工場です」

15周年の年にリリースされた「極み」はそんなブランドのひとつの到達点だった。べヴェルドウェスト、フィドルバック、ピッチドヒール、シームレスヒール、そして、カールエッジ。それらスペックはビスポークから生まれたものだが、靴好きでも耳慣れないのはカールエッジだろう。ヘリを薄く漉き、文字どおり巻き込んで縫製するその仕上げの美しさは、従前のものに比べれば一目瞭然である。

 

画像

 

 

画像

履き心地も格段に向上している。あらたに考案したフレキシブルグッドイヤーウェルテッドはハンドソーンウェルテッドのプロセスであるドブ起こしを採り入れることで返りの良さを手に入れた。中物にはおなじみのコルクではなくフェルトを選択。さらなる屈曲性を求めた結果だが、5ミリ厚のそれは耐久性の面でみてもなんら問題がない。

靴の顔となるアッパー・デザイン、フォルムはそのままに内面の充実を図る。愚直、という言葉がこれほどしっくりくるブランドは、そうはない。

<三陽山長>は下駄を履かせることなく、欧米の靴と比べても引けを取らない。

※数量に限りがある商品もございますので、品切れの際はご容赦ください。

※価格はすべて、税込です。

このページをシェアする

紳士靴

紳士靴

メンズ館地下1階 | 紳士靴

OTHER NEWS

その他のニュース

<+TSUBASA/プラスツバサ>|世界で愛される人気サッカー漫画『キャプテン翼』とのコラボレーションスニーカーが、ついに発売!

<+TSUBASA/プラスツバサ>|世界で愛される人気サッカー漫画『キャプテン翼』とのコラボレーションスニーカーが、ついに発売!

11月20日(水) ~ 11月26日(火)

<REEBOK>と<adidas>コラボレーションシリーズ「INSTAPUMP FURY BOOST™」第3弾が発売!

<REEBOK>と<adidas>コラボレーションシリーズ「INSTAPUMP FURY BOOST™」第3弾が発売!

11月11日(月) ~ 12月10日(火)

【レポート】伊勢丹メンズ館が15年ぶりにリモデル!オープニングプレビューの様子をご紹介

【レポート】伊勢丹メンズ館が15年ぶりにリモデル!オープニングプレビューの様子をご紹介

3月16日(土) から

【レポート】メンズ館15周年!リモデルした紳士靴オーダーサロンとタイムレスな服が大集結した7Fフロアとは

【レポート】メンズ館15周年!リモデルした紳士靴オーダーサロンとタイムレスな服が大集結した7Fフロアとは