ドレスシャツ・ネクタイ

帽子デザイナー【インタビュー】<saki et show/サキ エ ショウ>石田早姫、石田翔

このページをシェアする

2018/11/15 UP

帽子デザイナー【インタビュー】<saki et show/サキ エ ショウ>石田早姫、石田翔|受け継がれるル・メートルのDNA

画像

 

11月21日(水)からメンズ館1階=シーズン雑貨・装身具にてプロモーションを行う<saki et show/サキ エ ショウ>は、 石田早姫と石田翔のユニットで手がける帽子ブランド。姉弟デザイナーとしてこの春デビューしたばかりだ。

2人の祖父は、日本の帽子デザイナーの草分け的存在であり、伝説の「モディスト(*帽子デザイナーの意)」とも「ル・メートル(*巨匠の意)」とも呼ばれた平田暁夫氏である。1960年代にパリに学び、高級注文服・オートクチュールの帽子版、オートモードの第一人者。皇室の帽子を始め、海外の王侯貴族、<コム デ ギャルソン>や<ヨウジヤマモト>、<イッセイミヤケ>など錚々たるブランドで帽子のデザインを手がけてきた。

 

画像


左から<AkikoHirata><H.at>デザイナー 石田欧子さん、<saki et show>デザイナー 石田早姫さん、石田翔さん
2019年春夏コレクションの展示会場にて話を伺った。

 

2011年に東京・青山のスパイラルガーデンで開催された「ヒラタ ノ ボウシ」展は圧巻だった。平田氏の作品を、佐藤オオキ氏率いるnendoが会場を設営展示。当初2週間を予定していた会期が1週間延長されたことが、その盛況の程を伺わせる。展覧会から3年後、氏は惜しまれつつこの世を去ったのだが、盛大に行われたお別れの会の席で孫娘の早姫さんは、その後の人生の舵を大きく切るほどに心を揺さぶられた。

「子供の頃からあまり帽子に興味がなく、祖父のこともつねに仕事をしているひとというイメージばかり。短大卒業後はアクセサリーメーカーに就職しました。でも、お別れの会で祖父の手がけた帽子を身に付けた人々が、とても素敵に輝いて見えたことに驚き、同時に偉大な祖父への憧憬と誇りを感じました。その時初めて、私の中でこの道を生きたいと強く思えたのです」。

 

▶続きは、イセタンメンズネットにて公開中!


<saki et show>帽子プロモーション
□11月21日(水)~27日(火)
□メンズ館1階=シーズン雑貨・装身具

デザイナー 石田早姫氏・石田翔氏来店イベント情報
□11月23日(金)・24日(土) 各日午後1時~5時
デザイナーが来店し、お客さまへ帽子のコーディネートアドバイスを行います。
*都合により来店予定が中止、または変更、時間帯により不在の場合がございます。予めご了承ください。


Text:Yasuyuki Ikeda
Photo:Taku Fujii

 

 

このページをシェアする

ドレスシャツ・ネクタイ 

ドレスシャツ・ネクタイ 

メンズ館1階 | 紳士服,紳士雑貨

OTHER NEWS

その他のニュース

<Earldom/アールダム> ネクタイオーダープロモーション開催  

<Earldom/アールダム> ネクタイオーダープロモーション開催  

11月13日(水) ~ 11月19日(火)

ラグジュアリーブランド<GIVENCHY/ジバンシィ>のネクタイをクローズアップ

ラグジュアリーブランド<GIVENCHY/ジバンシィ>のネクタイをクローズアップ

11月13日(水) ~ 11月19日(火)

【レポート】伊勢丹メンズ館が15年ぶりにリモデル!オープニングプレビューの様子をご紹介

【レポート】伊勢丹メンズ館が15年ぶりにリモデル!オープニングプレビューの様子をご紹介

3月16日(土) から