サロン ド シマジ

文豪が愛したオーサーズパイプ

このページをシェアする

2019/06/15

島地さんが編集者時代大変お世話になった文豪が3人います。
今東光大僧正、柴田錬三郎先生、開高健先生です。その中でも、兄弟のように仲良くなったのが、開高健先生です。

 

画像

 

シマジ「今先生は孫のように、柴錬先生は息子のように、開高さんは弟のように私を可愛がってくれました。その中でも開高さんはしょっちゅう会っていましたね。酒を飲みながらよく一緒にパイプを吸いましたね。開高さんは<ダンヒル>のオーサーズパイプを好んで使っていましたね。もちろんパイプタバコは私がブレンドして開高さんが名付けた『ヘレニズム』です。」

 

画像

 

シマジ「この度、開高さんへの思いを込めて<ダンヒル>にお願いして、“世界初”の日本限定のパイプを作ってもらいました。カタチはもちろんオーサーズパイプです。パイプ好きはもちろん、開高さんのファンは必見ですよ。」

開高文豪が愛したオーサーズパイプを<ダンヒル>に製作してもらいました。シャンク部が銀巻きになっており、”HELLENISM”と刻印してあります。

 

画像
画像

 

シマジ「開高さんはサンドブラストのモノを愛用していましたね。私が生意気にもスムースのタイプを使っていると、“生意気やなぁ。シマジくん。”なんて言っていましたよ。開高さんとの思い出は語りつくせませんね。男同士の仲はときに男女の恋情を超えることがあるんです。私と開高さんはまさしくそんな感じでしたね。」

 

画像

 

今週の格言

「男同士の仲はときに男女の恋情を超える。」

 

画像

 

今週のお酒

「タリスカー8年」

タリスカーから30年ぶりにリリースされた8年。

サロン ド シマジではなんとか6本確保出来ましたが、もう残り2本半です。気になる方はお早目に!

 

島地勝彦 メンズ館8階=イセタンメンズ レジデンス<サロン ド シマジ>のプロデューサー。1941年生まれ。青山学院大学卒業後、集英社に入社。「週刊プレイボーイ」に配属され、1983年に同紙編集長に就任、柴田 錬三郎・今 東光・開高健を回答者に据えた「人生相談」で一世を風靡し100万部雑誌に育て上げる。その後、「PLAYBOY日本版」「BART」の編集長を歴任。集英社インターナショナルの代表取締役を経て、2008年に退任。現在は作家・エッセイストに転向。

 

※20歳未満の方の喫煙は法律で禁止されています。
※20歳未満の方の飲酒は法律で禁止されています。
※お車(二輪車・自転車を含む)を運転されるお客さまと未成年の方の飲酒・試飲はご遠慮ください。

 

※数量に限りがある商品もございますので、品切れの際はご容赦ください。

※価格はすべて、税込です。

このページをシェアする

サロン ド シマジ

サロン ド シマジ

メンズ館8階 | カルチャー・その他,紳士雑貨・靴,食品

OTHER NEWS

その他のニュース