インターナショナル ラグジュアリー

<malo/マロ>|"極上カシミヤ"に代表格、真の贅沢を味わえる至高のニットウェア

このページをシェアする

2018/12/19 UP

カシミヤニットといえばスコットランド製の商品が主流だった1970年代当時に、斬新なデザインやカラーでスタイリッシュな"メイド・イン・イタリー"を打ち出し、現在ではカシミヤニットの代名詞とまでいわれるブランドとなった<malo/マロ>。今季のコレクションでは、モンゴル産ホワイトカシミヤを贅沢に使用したニットアイテムが豊富にラインナップするなど、冬の装いを上品に仕上げる逸品の数々がお目見えした。

画像

(左から)
ニットキャップ 各31,320円 ご購入はこちら
クルーネックセーター 96,120円 ご購入はこちら
クルーネックセーター 129,600円
タートルネックセーター 140,400円

 

 

とろけるような肌触りと美しい色合いのニットを生み出し、世界中のニット愛好家を唸らせている<マロ>。ブランドの真骨頂ともいえるハイゲージニットと適度な膨らみ感のミドルゲージニットには、それぞれVネック、クルーネック、タートルネックがラインナップ。着心地の良さにつながるリンキング処理を施したニットは、ゴロつかずフィット感に富み、ジャケットやコートのインナーとして快適な着心地を創出する。

さらに、ざっくりと編み込んだリブニットのストールとキャップは、軽量でいて暖かく、フィット感も抜群。肌に直接触れるものだからこそ気にかけたい”肌あたりの良さ”は、ふんわりと柔らかなカシミヤニットで、顔回りや首元を優しく包み込んでくれる。

 

画像

タートルネックセーター108,000円
ストール 79,920円 ご購入はこちら

 

多彩なカラーバリエーションも魅力の同ブランドでは、今シーズンもネイビーやグレーといったベーシックカラーをはじめ、オフホワイトやパープルといったアクセントカラーも登場。コーディネートを選ばないシンプルなデザインは、ラグジュアリーな大人のワードローブに加えておきたいアイテムの一つである。

 

※数量に限りがある商品もございますので、品切れの際はご容赦ください。

※価格はすべて、税込です。

このページをシェアする

メンズラグジュアリー

メンズラグジュアリー

メンズ館4階 | 紳士服,紳士雑貨・靴

OTHER NEWS

その他のニュース

【レポート】伊勢丹メンズ館が15年ぶりにリモデル!オープニングプレビューの様子をご紹介

【レポート】伊勢丹メンズ館が15年ぶりにリモデル!オープニングプレビューの様子をご紹介

3月16日(土) から