メンズテーラードクロージング

<LID TAILOR/リッド テーラー>  9月23日(月・祝)に採寸会を開催

このページをシェアする

2019/09/20

 

<リッド テーラー>採寸会
□9月23日(月・祝) 11時~6時
□メンズ館5階=メイド トゥ メジャー
■価格:メイド トゥ メジャー スーツ仕立て上がり(スタンダードモデル)99,000円+税から(クラシックモデル)129,000円+税から、メイド トゥ メジャー コート仕立て上がり(チェスターコート)210,000円+税から(トレンチコート)130,000円+税から
■お渡し:約5週間後から
*採寸会は予約制です。ご来店をご希望のお客さまは下記まで、お問い合わせください。
*ご予約に関しましてご希望に添えない場合もございます。予めご了承ください。

 

テーラー根本修氏が主宰する<LID TAILOR/リッドテーラー>の採寸会が9月23日(月・祝)にメンズ館5階=メイド トゥ メジャーにて開催。「いつまでも着続けたい、着るほどに愛着が増す」スタイルを目指す同氏の世界観を堪能できる貴重な機会となる。

 

若き日にモッズスタイルに親しみ、並行してテーラーの修行に入り、その後、テーラーやモデリストとして10年以上のキャリアを積んだ彼が、独立を模索していた2000年代前半に改めて出合ったのが、サヴィルロウの服作りであった。

『<アンダーソン&シェパード>の仕事場を訪ね、生々しいモノ作りの現場に触れたのです。そして、自身による服づくりへの思いを強くしました。』(根本氏)

 

画像

 

<アンダーソン&シェパード>のスタイルはいわゆる“ソフトテーラリング”といわれ、着用者の肩傾斜に近いショルダーラインを備える。根本氏はそのスタイルが好みと言いつつも、幅広い知識を備えた「さまざまな要求に応えられるテーラー」を目指している。彼がサヴィルロウで感得したのは、単なるスタイルではなく、服を仕立てることへの意識だったといえるだろう。メイド トゥ メジャーでは、そんな根本氏のノウハウを反映した「英国由来の普遍性」を備えたスーツが具現化されている。

モデルは、見た目は構築的でありながら着心地の良いスタンダードモデルと、1930年代の英国ソフトテーラリングを模倣したクラシックスタイルの2型を紹介している。

今回の採寸会では、チェスターフィールドコートやトレンチコートなどもオーダーが可能。シングルブレステッドやダブルブレステッドはもちろんのこと、セットインやラグランスリーブでの注文にも対応する。お好みのフィッティングにすることで、ご自身の使用目的に合わせた唯一無二のオーダーコートを是非。

 

 

 

お好みのスタイルに合わせてスタイリストを指名!

►メジャーメイド「ショップ予約」

 

※価格はすべて税別です。
※2019年10月1日(火)より消費税率が変更されます。

※数量に限りがある商品もございますので、品切れの際はご容赦ください。

 

このページをシェアする

メンズテーラードクロージング

メンズテーラードクロージング

メンズ館5階 | 紳士服,紳士雑貨・靴

OTHER NEWS

その他のニュース

【レポート】伊勢丹メンズ館が15年ぶりにリモデル!オープニングプレビューの様子をご紹介

【レポート】伊勢丹メンズ館が15年ぶりにリモデル!オープニングプレビューの様子をご紹介

3月16日(土) から

【レポート】イタリアから“銀河系軍団”が来店!「LEON」編集長との“ネオ”クラシコナイトに潜入

【レポート】イタリアから“銀河系軍団”が来店!「LEON」編集長との“ネオ”クラシコナイトに潜入