バッグ/ラゲッジ

バッグデザイナー生嶋時彦が国内外人気4ブランドと協業したイベント「ART of VISUAL」開催

このページをシェアする

2019/08/21

アーティスト×国内外のバックブランドによるコラボレーションプロダクトが伊勢丹新宿店限定で登場。直観的に感じる"心地良さ"をテーマに、近年高まるパーソナライズという唯一無二の価値観に注目。鞄をキャンバスとして見立て、”気軽に持ち運べるアート"として提案するイベント「ART of VISUAL(アート オブ ヴィジュアル)」が8月21日(水)から9月3日(火)までの期間、メンズ館地下1階=バッグと本館地下1階=トラベルバッグで開催される。

 

今回そのアーティストとして迎えたのはバッグデザイナーである生嶋時彦氏。氏はファクトリーブランドの先駆けとして40年以上続くバッグブランド<BEAUDESSIN/ボーデッサン>の立ち上げから携わり、長年ディレクターとしてブランドを牽引。2017年に独立し、今現在は自身のブランド<BOHEME/ボエム>を主宰している。

 

画像

名も無い街の人々によって描かれたイラストや落書き、工事用に書かれたであろう専門用語や数字などを切り取った写真をリモンタ社の生地「デイビス」に転写。作為が入ってない、偶然の芸術は、まさに"持ち運べるアート"だ。

 

<ボエム>ボストンバッグ 左:45,000円(33×46×24㎝)、右:38,000円(33×38×24㎝)

 

 

本イベントでは、生島氏との旧知の中であり、名だたるラグジュアリーブランドをクライアントに持つ、世界有数の生地メーカーイタリア・リモンタ社と協業。氏のライフワークでもある世界各地を旅する中で撮影した写真を、シャイニーなナイロン素材「デイビス」にプリント。<ボエム>はもちろん、<ステファノマーノ>の「クラッチショルダー」や<ダニエル&ボブ>「クロドーロ」など、各ブランドの人気モデルに落とし込んでいる。

 

画像

左:<STAFANOMANO/ステファノマーノ>33,000円(37×35×3cm)
右:<Daniel&Bob/ダニエル&ボブ>42,000円(39×33×19cm)

*どちらも予約販売につき、10月上旬頃お渡し予定。

 

"バッグの善し悪しは素材で決まる"という生嶋氏、これを機に改めて素材の持つ力を感じていただきたい。

 

 

イベント情報

「ART of VISUAL」バッグプロモーション
□8月21日(水)~9月3日(火)
□メンズ館地下1階=バッグ、本館地下1階=トラベルバッグ

 

■展開ブランド:<ボエム><ダニエル&ボブ><ランツォ><ステファノマーノ>

※<ランツォ>のみ本館地下1階=トラベルバッグで展開

▶関連記事:【インタビュー】生嶋時彦|素材を極めれば──。<BOHEME/ボエム>がバッグをアートに変える。

 

 

※価格はすべて、税抜です。

※数量に限りがある商品もございますので、品切れの際はご容赦ください。

 

このページをシェアする

バッグ/ラゲッジ

バッグ/ラゲッジ

メンズ館地下1階 | 紳士雑貨・靴

OTHER NEWS

その他のニュース

【レポート】伊勢丹メンズ館が15年ぶりにリモデル!オープニングプレビューの様子をご紹介

【レポート】伊勢丹メンズ館が15年ぶりにリモデル!オープニングプレビューの様子をご紹介

3月16日(土) から