グランドカーヴ(洋酒ワイン)

【グランドカーヴ】9月11日(水)~9月17日(火)プロモーション

このページをシェアする

2019/09/08

【4か国を飲みくらべニューワルドワインフェア】

1

 

フロッグスリープは1981年、カエルの養殖場として知られていたミル・クリークでオーナー&ワインメーカーのジョン・ウィリアムスとラリー・ターリーが共同経営でスタートしたカルフォルニアにあるワイナリーです。

カエルが飛び跳ねたユニークなラベルと、環境問題にもいち早く取り組んだオーガニック栽培の先駆者として世界中でお馴染みの人気ワイナリーとして知られています。

その<フロッグスリープ>より、柑橘系やハーブの香りに葡萄本来の旨みが重なり、適度なコクと綺麗な酸が上品な白ワイン「ソーヴィニョン ブラン ラザフォード」や、プラムジャムの様な果実味とスパイシーさを持つリッチで上品な赤ワイン「ジンファンデル ナパ ヴァレー」などをご紹介。

 

他にも、ナパ・ヴァレー南部のオーク・ノル・ディストリクトに50エーカーの畑を所有し、テロワールを最大限に引き出した最高品質の葡萄とワインを造り上げることに家族一丸となって情熱を注いでいる<マテッラ キュナット・ファミリー・ヴィンヤーズ>から、オークノル最上の自社畑から、しっかりとした果実のコクと洗練された旨みが魅力の白ワイン「シャルドネ オーク ノル」や、

 

海辺の近くで平均気温の低い冷涼な気候のウォーカーベイ地区にあり、南アフリカの中でも、ここほど収量を抑えて生産している所は少ないというぐらい低収量で上質なワインのみを生産する<ハミルトンラッセル>より、ジューシーな果実味とふくよかなボリュームに上質なタンニンを備えた、優美で長期熟成可能なピノノワール「ピノ ノワール ウォーカー ベイ」など、新世界のワインを多数ご紹介いたします。

 

今、注目をされているニューワルドのワインを、

この機会にぜひお試しください。

 

【初秋に味わいたいフランス老舗ワイナリーセレクション】

①
画像

 

ドゥ・ラドゥセット家は、ロワ-ル地方プイィ・シュ-ル・ロワールで 1805 年から自社畑に囲まれた “シャトー・デュ・ノゼ”で、代々醸造し続けている名門一家です。

創業から醸造しているブランド<ド ゥ・ラドゥセット>は、早くもプイイ・フュメの中で別格と言われ一目置かれていました。

ドゥ・ラドゥセット男爵が手掛ける最高峰のロワールワイン。特別区画の樹齢40年以上の葡萄で秀作年のみ醸造。長期熟成を経てさらに真価を発揮するワイン「バロン ドゥ エル」は、伝統の造り方を重んじてきたロワール地方では考えられないとされていた近代的な方法で造った最初のワインです。他、ファミリーが代々200年以上造り続けている華やかで洗練された味わいの辛口白ワイン「プイィ フュメ」もご紹介します。

 

他にも、

200年以上の長い歴史と伝統を誇り、グラン・クリュ アイ村、本拠地のあるディジー村などにある自社畑を中心とした52haの畑から類稀なるシャンパーニュを生み出す<ジャクソン>

「ワインはセラーからではなく、畑から生まれる」という考えの下、醸造されたシャンパーニュはナポレオン皇帝からも愛されていたと言われています。そんな<ジャクソン>から「ラ・キュヴェ」と言われる一番搾り果汁のみ使用し、ドサージュ(保糖)は2.5g/lと少なく、ブドウ本来の味わいが感じられるプレミアム・シャンパーニュ「キュヴェ 742」をご紹介。今年の6月に発売された最新の商品をご覧いただけます。

 

この機会にぜひ、お立ち寄りください。

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

※20歳未満の方の飲酒は法律で禁止されています。

※数量に限りがある商品もございますので、品切れの際はご容赦ください。

このページをシェアする

グランドカーヴ(洋酒ワイン)

グランドカーヴ(洋酒ワイン)

本館地下1階 | 食品

OTHER NEWS

その他のニュース

【特集】ハロウィンといえば“りんご”?今年食べたいハロウィンフードたち

【特集】ハロウィンといえば“りんご”?今年食べたいハロウィンフードたち

【特集】「ボージョレ」だけじゃない?採れたて・できたてのヌーヴォーの世界に迫る

【特集】「ボージョレ」だけじゃない?採れたて・できたてのヌーヴォーの世界に迫る