【特集】「帯楽会」~伊勢丹が選んだ帯の世界をお届け~

2018.09.21

伊勢丹の原点は「呉服」。創業間もない頃から「帯と模様の伊勢丹」として話題になっていました。
「帯は服装の中心であり、帯こそ女性の生命である」の考えから帯を中心とした催し物「帯楽会(たいらくかい)」を開催、長年親しまれています。
絶えずお客さまの好きを探り、独自性のある良いものを提供し続けてきた伊勢丹が、作家の個性や技術が溢れ、時代にマッチした帯を一堂に集めました。

続きはこちら

map

このページをシェアする