【特集】思わず写真を撮りたくなる!玄関・リビング・窓辺の場所別おすすめクリスマスデコレーション 

2018/11/12 UP

「クリスマスステーション2018」を好評開催中の伊勢丹新宿店本館5階=リビングルーム/リビングデコール・ウエストパーク。数えきれないほどたくさんのクリスマスグッズがあるため、どれを買おうか、迷っていらっしゃる方も多いはず。

そこで玄関・リビング・窓辺の3カ所別に、おすすめのデコレーションをナビゲートします。

このページをシェアする

■【玄関】今年はデコラティブな”盛り系リース”に注目!

 

玄関の扉を彩る定番といえばリース。やはり赤や緑といったクリスマスカラーを使ったタイプが一番人気。

 

クリスマスデコレーション画像

 

日本のシックな部屋に調和しやすいブラウンを基調にしたゴールド系も多く、こちらは大人を中心に支持されています。

 

クリスマスデコレーション画像

どちらにも共通しているのは、モチーフをたっぷりとあしらったデザインであること。今年はそんな“盛り系リース”が注目株です。

 

同じリースでも形の異なるティアドロップも評判。こちらもボリュームがある”盛り系”です。

 

クリスマスデコレーション画像

 

 

クリスマスデコレーション画像

もみの木をベースにしているのでツリーに似たニュアンスがありますが、ボリュームがあっても壁掛けできるので場所を取りません。
ティアドロップ形で好評な色合いがホワイト×ゴールド。

 

クリスマスデコレーション画像

雪が積もったもみの木にゴールドのポインセチアが、ロマンティックなホワイトクリスマスを思い起こさせます。さらにティアドロップ形リースとお揃いで飾りたいセンターピースも用意しています。

 

クリスマスデコレーション画像

こちらは玄関の棚やダイニングテーブルに飾るもの。リースとペアでデコレートすれば、統一感が生まれます。

 

玄関もツリーを飾りたいけれど、大きなものは置けない方は「パインコーンツリー」がおすすめです。まつぼっくりのツリーで、大きくても50cmほどのうえ軽量。しかも価格も手頃。

 

クリスマスデコレーション画像

 

ポットやブーケタイプもあり、ギフトにされる方もいらっしゃいます。

 

クリスマスデコレーション画像

すべて手作りで同じものは二つとないのも人気の秘訣です。

 

もう少しさりげない飾りがいい方は「ホーリーレターフラワー」をマーク。キャンバスに描かれた繊細なタッチの絵のまわりを、プリザーブドフラワーやドライフラワーで装飾しています。

 

クリスマスデコレーション画像

ライトは電池式で光り、手作りのため一つ一つ飾り付けが異なります。キャンバスなので経年の変化が楽しめますし、キャンバスは入れ替えることができます。

 

クリスマスデコレーション画像

クリスマス以外のモチーフもラインナップ。1年中使え、壁掛けもできるデコレーションです。

 

 

■【リビング】主役のツリーを中心に、オブジェを飾って気分を盛り上げる!

 

リビングの主役はツリーでしょう。今年の「クリスマスステーション2018」は「ノスタルジック」をコンセプトにしているため、どこか懐かしいデザインが揃います。

 

クリスマスデコレーション画像

11月27日(火)まではピンクなどペールトーンのファンタジックなツリーが中心ですが、11月28日(水)からは赤や緑といったスタンダードなツリーが登場します。

 

ツリーに欠かせないオーナメント。シャーレの中にプリザーブドフラワーやドライフタワーが入ったこちらは、一時品切れになるほどの人気に!

 

クリスマスデコレーション画像

平べったいので壁にも掛けられますが、クリスマスシーズンならツリーの枝に引っかけたほうが雰囲気が出ます。通年使えるのもうれしいポイント。

 

<ハルモニア>のオブジェもお問い合わせが多いものの一つ。

 

クリスマスデコレーション画像

アンティーク調のデザインは、テーブルや窓辺に置くだけでヨーロピアンな雰囲気に。サイズも大きくないので、さりげなく飾れるのも◎。

他にもラメで雪を表現したトナカイをはじめとする動物やサンタクロースなど、クリスマスらしいモチーフのオブジェも多数揃えています。

 

クリスマスデコレーション画像

 

 

クリスマスデコレーション画像

 

クリスマスにはキャンドルも欠かせません。リトアニア発<ジャイカリオ>は、北欧テイストの柄をプリント。

 

クリスマスデコレーション画像

 

 

クリスマスデコレーション画像

形のバリエーションも豊富で、価格も手頃。ちょっとしたプレゼントとしてお買い求めになる方も多いです。

 

ヨーロッパのクリスマスシーズンでは定番のジオラマ。現地ではコレクターも多く、どんどん買い集めて自分らしい街を形成させていくんだそう。

 

クリスマスデコレーション画像

 

今年から買い集め始めるのなら、クリスマスモチーフを選びたいですね。

 

クリスマスデコレーション画像

 

人気はクリスマスデコレーションを施した家のジオラマ。

 

クリスマスデコレーション画像

 

 

クリスマスデコレーション画像

まず家をベースにし、そこへ人形などを加えていく方が一般的。もっとにぎやかにしたいと、同じシーズン中に新たに買い求める方もいらっしゃいます。

 

 

■【窓際】ヨーロッパ伝統のグッズで本場さながらにデコレーション!

 

木工が伝統工芸品のドイツ・エルツ地方で作られている光の窓飾り。もともとは道行く人の足元を照らすことを目的に、窓辺に飾るドイツの定番デコレーションです。置くだけの飾りつけができ、収納時もかさばらないということで、日本でも少しずつ人気が高まってきています。

 

クリスマスデコレーション画像

 

 

クリスマスデコレーション画像

 

こちらにプラスするのが錫の飾り。

 

クリスマスデコレーション画像

素朴な木の窓飾りに、錫飾りが華やかさとレトロなムードを加速させます。

 

日本でもコレクターが多いスノードームも、窓辺におすすめ。アメリカ生まれの<ビッグトライク>の「クールスノーグローブ」。美しく親しみのある世界を白を基調としたシンプルなデザインで表現しています。

 

クリスマスデコレーション画像

 

 

クリスマスデコレーション画像

静かに揺らせば、ふわふわと雪が舞い落ちるロマンチックな風景が自宅でも楽しめます。

 

北欧では長く親しまれているデンマークの妖精ニッセ。それをモチーフにした木製人形ブランド<ノルディカ>もまた多数のコレクターがいます。

 

クリスマスデコレーション画像

 

ヨーロッパではクリスマスに、いつも家を見守ってくれるニッセのためにデザートをふるまうと、そのお返しにニッセが幸せを運んできてくれる言い伝えがあります。

 

クリスマスデコレーション画像

すべてヨーロッパの職人による手作りのため、それぞれ違った表情をしているのがコレクター心をくすぐります。お気に入りを見つけ、窓辺にそっと座らせて可愛がってください。

 

 

今回ご紹介した以外にもたくさんのアイテムをご用意しています。ぜひ一度遊びに来て、クリスマス気分を盛り上げるグッズをじっくりと吟味してください。

 

【関連記事】

【インタビュー】「クリスマスステーション2018」のバイヤーに聞く。本場ヨーロッパのクリスマスってどんなもの?

【特集】飾り付けるオーナメントは3~4種類で十分?説明書には書いてない、素敵なツリーのつくりかた教えます

【特集】クリスマスツリーの飾り付けやケーキ選びで、想い出に残るクリスマスの準備を。

RECOMMEND

その他のおすすめイベント

お歳暮ギフトセンターオープン

お歳暮ギフトセンターオープン

11月6日(水) ~ 12月22日(日)

クリスマスキャンペーン 2019

クリスマスキャンペーン 2019

11月13日(水) ~ 12月25日(水)

伊勢丹のおせち

伊勢丹のおせち

10月2日(水) ~ 12月17日(火)

クリスマスケーキ&ギフト

クリスマスケーキ&ギフト

10月5日(土) ~ 12月11日(水)

2020年 先行新春福袋 1年間の感謝を込めて、新春福袋をいち早くご案内

2020年 先行新春福袋 1年間の感謝を込めて、新春福袋をいち早くご案内

10月30日(水) ~ 12月18日(水)

ウインターリカーセレクション

ウインターリカーセレクション

11月8日(金) ~ 12月17日(火)

住所を知らない相手にもギフトが贈れるオンラインギフトブティック MOO:D MARK(ムードマーク)【初回送料無料】
終了しました

住所を知らない相手にもギフトが贈れるオンラインギフトブティック MOO:D MARK(ムードマーク)【初回送料無料】

10月30日(水) ~ 11月14日(木)

定期宅配サービスISETAN DOOR 氷室豚入りおためしセットご紹介中

定期宅配サービスISETAN DOOR 氷室豚入りおためしセットご紹介中