【特集】“アウター×マフラー”をどう着こなす?メンズ館スタッフ5名による季節を楽しむコーディネート術

2018/11/27 UP

朝晩の気温が10度以下になり、冬の気配を感じ始めたら、お気に入りのコートを羽織って、首元にはマフラーをというシーンも自然と増えてくるのではないでしょうか。
今回は、メンズ館のアシスタントバイヤーと、イセタンメンズネット編集部の総勢5名が、アウター×マフラーを使ったこの冬のファッションの楽しみ方を提案。冬の2大マストアイテム、アウターとマフラーの相性はもちろん重要ですが、ひと手間加えていつもよりかっこよく、お洒落に冬の装いを楽しみませんか?ぜひコーディネートのヒントにしてください。

このページをシェアする


■『ゆったりとしたシルエットで、楽に寒い冬を乗り越える。』

Iwafuchi’s Winter Style

モデル01

メンズ館6階=コンテンポラリーカジュアル アシスタントバイヤー 岩渕 亮太

<ロベルトコリーナ>マフラ― 17,280円
<グラフペーパー>コート 127,440円
<ヴィルーム ブラック>スウェット 15,120円
*その他全てスタイリスト私物
*<ロベルトコリーナ><グラフペーパー>の掲載商品はフロア改装に伴い、11月7日(水)より12月18日(火)までの期間、イセタンウエスト1にて展開しております。

毎シーズンハーフコートやレザーブルゾンを着ていることが多いですが、今シーズンはきれいな印象のロングコートをオーバーサイズで着崩すスタイルが気になっています。カチッときれい目なスタイリングはせず…、あくまでも“楽に”全身オーバーサイズで着ているのがポイント。


 

モデル 顔

 

アウター主役でシンプルになりがちな冬のコーディネートですが、発色がいい<ロベルトコリーナ>のマフラーだと、アクセサリー感覚で身に付けることが出来て、いいアクセントになるのでセレクトしました。巻き方は、リラックス感を残したくて巻かずに首からかけて、こなれた感じをあえて出さないのがポイントです。 

 

モデル 足元


ブラックカルチャーが好きな自分は、大の原色好き(笑)。セレクトしたマフラーや、私物の<プーマ>のスニーカーもそうですが、小物の色を合わせるスタイリングで、この冬もどんどん原色を使って、スタイリングに自分らしい色を出していきたいですね。

最近、友人と車で遠出して、温泉にいったり、湖畔に行って寒い中コーヒーを飲んだりと、ゆっくりした時間を過ごすことが多いです。
なのでこの冬はこういった、車内ではスウェット一枚で楽に、車から降りたらマフラー+コートをガバっと羽織るようなスタイリングで、冬の寒さに負けずどんどん外出したいと思います。 

 

■『アンバランスなコート&マフラーで冬を楽しむ』
Matsuoka’s Winter Style

モデル02

メンズ館2階=インターナショナル クリエーターズ アシスタントバイヤー 松岡 歩

<RAF SIMONS/ラフシモンズ>コート 276,000円、マフラー 56,000円
*その他全てスタイリスト私物
*<ラフシモンズ>の掲載商品はフロア改装に伴い、11月7日(水)より12月18日(火)までの期間、イセタンウエスト1にて展開しております。


 

モデル02 腕

 

ハウンズトゥースのコートは堅い雰囲気になるイメージがあり今まで着たことはありませんでしたが、全体のシルエットの丸みや、肘部分に施されたディテイルが、良い意味で柄とアンバランスで面白いなと思い、<ラフシモンズ>のコートを選びました。
クラシックな柄に原色がポイントで入っているところを活かして、スタイリングで遊ぶと楽しいですね!さらにこのコートは、インナーとのバランスを考えずに、すべて着込んだ上から羽織れるのも、便利かなと思います。
 

モデル02 手元

 

コーディネート全体がサイジングを上げたルーズなスタイリングなので、あえて細めなものをということで同じく<ラフシモンズ>から選びました。巻かずに垂らすと柄がつながるデザインが面白いし、両端をバンドで挟むだけという、巻き方を指定してくるようなディテイルも気に入っています。

今回は柄のコートとマフラーを合わせましたが、同じこの巻き方をするなら、マフラーとコートとインナーを同系色にして、見た人に「何を着ているんだろう?」と違和感を与えるようなスタイリングも面白そうです(笑)。

 

 

モデル02 足元


足元には、最近集めている<NIKE/ナイキ>のDUNK。ここ1ヶ月で5色集めたうちの中から、コートの色を拾ってオレンジを合わせました。もともと<ナイキ>が大好きで、良い意味で正統派な形かつ、カラー展開も今の気分に合うものが多く、DUNKに惹かれています。

これまで「平成生まれ?若いねー!」って言われてた平成が終わるのが少し寂しいですが…。そんな今年の冬は、地元の長野で仲間とスノーボードをしたいです!
都心ではマフラーの巻き方を工夫するだけで寒さもしのげてファッションを楽しむのには絶好の場所ですが、長野ではマフラーを垂らすだけでは寒くて到底無理なので(笑)何も考えずにぐるぐる巻きにして、アクティブに冬を満喫したいですね。

 

■『シンプルさの中に少しの遊び心を添える』
Tashiro’s Winter Style

モデル03

イセタンメンズネット 編集長 田代 径大

<ジョシュア エリス>マフラー 24,840円
<カンタータ>コート 192,240円
*その他全てスタイリスト私物

素材に拘った仕立ての良いクラシックコートに、これまたクラシックなチェックを合わせました。本来であれば同色系のカラーでマフラーを選ぶと思うのですが、あえてグレー×イエローで少し遊び心を追加しました。

この<ジョシュア エリス>のカシミアマフラーは、程よくコシがありクタッとし過ぎず、今回着ているような素材がしっかりとしているコートにも負けない雰囲気を持っています。スタンドカラーのコートなので、首元にボリュームが出過ぎないようにシンプルに一周巻きに。シンプルでクラシックなデザインのコートとの合わせですから、個性的な巻き方は避け、極力全体の雰囲気に馴染むように心がけました。

 

モデル03 後姿


今回着ている<カンタータ>のコートはデザイン、素材、縫製のどれをとっても本当に素晴らしくて、見た瞬間にこれだと思い”自腹買い”しました!(笑)。
コートに関しては後姿がどう見えるかが大切だと思うので、このコートはその意味でも秀逸。手に持つとしっかりとした重さを感じるのですが、袖を通すと驚く程に重さを感じさせないので、ぜひ体感して欲しいです。

 

 

モデル03 首回り

全体をボルドーを含めたブラウン系のトーンでコーディネートすることで、マフラーのイエローカラーを引き立たせるように意識しました。
同色でまとめるのも良いですが、コーディネートのアイテムの中で面積が少ないマフラーは少しカラーで遊びたいのが今の気分。足元にはグレインレザー&ボリュームソールを持ってくることで安定感を与え、やや大きめのコートと細めのスラックスのバランスを取っています。

インナーをカジュアルに変えてこの冬を満喫するなら。色々迷いますが…、箱根などの軽登山&温泉があるエリアに行きたいです。そこの温泉街や山道を散歩したり、途中で足湯をしたりして、今年一年の疲れを癒してリラックスしたいなと思います。

お問い合わせ
03-3352-1111(大代表)
メールでのお問い合わせはこちら



■【2018年コート・マフラー特集】関連記事はこちらから
トレンドから定番まで、伊勢丹メンズネットが厳選!「2018年コート特集」はこちら
伊勢丹オンラインストア 「バイヤー推薦 秋冬最旬メンズアウラーウェア特集」はこちら
アウター別にメンズ館スタイリストが指南する「動画で見るマフラー巻き方講座」はこちら

 

RECOMMEND

その他のおすすめイベント

お歳暮ギフトセンターオープン

お歳暮ギフトセンターオープン

11月6日(水) ~ 12月22日(日)

クリスマスキャンペーン 2019

クリスマスキャンペーン 2019

11月13日(水) ~ 12月25日(水)

伊勢丹のおせち

伊勢丹のおせち

10月2日(水) ~ 12月17日(火)

クリスマスケーキ&ギフト

クリスマスケーキ&ギフト

10月5日(土) ~ 12月11日(水)

2020年 先行新春福袋 1年間の感謝を込めて、新春福袋をいち早くご案内

2020年 先行新春福袋 1年間の感謝を込めて、新春福袋をいち早くご案内

10月30日(水) ~ 12月18日(水)

ウインターリカーセレクション

ウインターリカーセレクション

11月8日(金) ~ 12月17日(火)

住所を知らない相手にもギフトが贈れるオンラインギフトブティック MOO:D MARK(ムードマーク)【初回送料無料】
終了しました

住所を知らない相手にもギフトが贈れるオンラインギフトブティック MOO:D MARK(ムードマーク)【初回送料無料】

10月30日(水) ~ 11月14日(木)

定期宅配サービスISETAN DOOR 氷室豚入りおためしセットご紹介中

定期宅配サービスISETAN DOOR 氷室豚入りおためしセットご紹介中