【インタビュー】機械式腕時計と江戸切子の融合ーー時計師・牧原大造が目指す、見たことのない時計

2018/09/14 UP

独立時計師という職業をご存じでしょうか? 時計メーカーに属さず、高い技術力と既存の腕時計にないアイデアが求められ、世界に31人、日本には菊野昌宏氏と浅岡肇氏のたった2人しかいない職業です。

その独立時計師を目指す新進気鋭の日本人時計師・牧原大造氏の新作「菊繋ぎ紋 桜」を9月19日(水)から1週間限定でご紹介します。それに先がけ、牧原氏に「菊繋ぎ紋 桜」の製作におけるこだわりをうかがいました。

このページをシェアする

 

■江戸切子を施した0.5mmのガラス板を文字盤に

 

ーー「菊繋ぎ紋 桜」は、牧原さんにとって初めての完全オリジナルのモデル。文字盤に江戸切子を使うなど、斬新なアイデアはどう思いついたのでしょうか?

菊繋ぎ紋 桜

「菊繋ぎ紋 桜」5,580,000円

 

伝統工芸自体に注目していて、中でも江戸切子が気になっていました。文字盤に江戸切子を使った腕時計を見たことがないので、世界初の腕時計になるんじゃないか、と。私の希望は0.5mmという、ごくごく薄いガラス板に切子を施してもらうこと。調べられる限りの江戸切子のメーカーさんにアプローチをし、チャレンジしてくださることになったのが「ミツワ硝子工芸」さん。職人さんにはかなり負担をかけましたが、サンプルは製品化できるほどすばらしかった! 

江戸切子

様々な模様の江戸切子のサンプル。

 

ただ、かなりデリケートな文字盤のため、時計を組み立てていく時はとても緊張します。受注会に出すモデルはプロトタイプのため、製品ではケースのサイズをこれ以上大きくせず、3針が一切干渉しないように切子のガラス板を少し厚くして強化する予定です。

 

ーー文字盤は江戸切子で菊を表現し、裏ぶた側から見えるムーブメント全体には桜を彫金しています。彫金も牧原さんがされたのですよね?

ムーブメント全体

全体に桜を彫金した「菊繋ぎ紋 桜」のムーブメント。

 

そうです。時計学校時代、独学で彫金を習得しました。時計製作は分業が進んでいますが、できる範囲は自分で手がけたいのと、制作と彫金の両方ができるのは私の強みになりますから。だから「菊繋ぎ紋 桜」のムーブメントは、全体にいれられるだけ彫金をいれました。

彫金をしている様子

牧原氏による彫金の様子。

 

ーーパーツ一つ一つの輝きも素晴らしく、こだわりを感じます。

一番小さいパーツでも磨きだけで2日くらいかかっています。彫金と磨きが一番大変ですけど、楽しいですね。

磨きをかける前のパーツ。

パーツを切り出しただけの状態。

 

磨きをしたあとのパーツ

磨き、面取りをすることで美しいつやが生まれます。

 

ただ磨きは失敗してもリカバリーできますが、彫金は失敗したらそれまで。かなり慎重な作業が求められます。

 

ーーピンクゴールドのケースも、柔らかな雰囲気を加えていますね。

ケースはジュエリーブランドの<ケイウノ>さんに、18金でケースを作りたいとお願いしました。

菊繋ぎ紋 桜

竜頭にも桜が彫られています。

 

全体に花のモチーフが散りばめてありますし、ケースもピンクゴールドなので「レディスはないのですか?」というお問い合わせはいただきますね。

 

ーー時計は外国のもののイメージが強いので、菊や桜といった日本のモチーフが新鮮です。

「菊繋ぎ紋 桜」の製作を始めたタイミングでInstagramを開始したのですが、フォローしてくださるのは海外の方が多いですね。だからか、お問い合わせはほとんど外国の方からです。私はフィリップ・デュフォーさんに師事していたので、デュフォーさんの顧客が私の時計に興味を持ってくださることもあります。

 

■日本の伝統工芸を取り入れた作品を作りたい

 

ーーフィリップ・デュフォーさんといえば、独立時計師の最高峰の方ですね。

フィリップ デュフォー氏と牧原氏

憧れであり、師匠のフィリップ・デュフォーさんと。    

 

時計の修理技術の勉強をしていた時、TV番組の企画で憧れのデュフォーさんに会う機会を得ました。彼の元で2日ほど時計製作の心得を教えてもらい、修理ではなく製作に進もう、と。同時に菊野くんが日本で最初の独立時計師として製作を生業としていたのにも背中を押されましたね。

 

ーー卒業されると同時に独り立ちしたのでしょうか?

外資系のメーカーに入ることを目標にしていましたが、就職活動の時にリーマンショックが起きてしまって。その影響で希望する求人がなかったのもあり、独立の道を選びました。もちろん、独立していきなり活躍できるわけではありません。オリジナルの時計を作っている「ドッペルコーポレーション」という機械式腕時計専門店を紹介してもらい、学生時代の作品を見せたら時計製作の環境をサポートしてくれることになりました。その3年後くらいに「ドッペルコーポレーション」とコラボしたモデルを20本作り、そのうちの2本を今回の受注会で販売します。

牧原氏初めての時計

「ドッペルコーポレーション」とコラボレーションしたモデル。

 

ーー今後どのような時計を作りたいですか?

伝統工芸も時計もニッチな世界。自ら発信していかないとどんどん衰退していくので、日本の伝統工芸を積極的に取り込んで、相乗効果のある作品を生み出したい。例えば海外の高級メーカーではケースにサファイヤガラスを採用しているモデルがあるので、江戸切子でケースを作れないかな、とか。他にも気になる伝統工芸はありますし。

工具

牧原さん愛用の工具。

 

独立時計師はメーカーが思いつかない時計を作るのが使命なので、誰もやっていない時計を作りたい。デュフォーさんは最初に超複雑時計を発表したあと、「シンプリシティ」という一生使える飽きのこないモデルを作っています。自分なりの方法で、将来はその境地に行き着きたい。そのために、まずが2019年3月に開かれるバーゼルエキシビションに独立時計師の候補生として初出展する予定です。ここで認められて、独立時計師となるのがひとまずの目標ですね。

 

 

牧原大造 PROFILE

 

牧原氏

1979年8月8日生まれ。ヒコ・みづのジュエリーカレッジを卒業後、自らの名を冠した<DAIZOH MAKIHARA WATCHCRAFT JAPAN>を立ち上げる。彫金技術を独学で習得し、時計製作と彫金を一人で手がける数少ない時計師の一人。現在は時計制作をしながら、ヒコ・みづのジュエリーカレッジの教員として後身の育成指導にあたっている。2019年度のバーゼルワールドのAHCIブースに作品を出展予定。

 

■パーソナライズ腕時計オーダー会

9月22日(土)~24日(月・祝) 各日15~17時

期間中、牧原大造氏が来店。お客さまのご要望にあわせて一点物のパーソナライズ腕時計のオーダーを承ります。

9月22日(土)・23日(日)の二日間は、職人による江戸切子文字盤製作の実演及び、牧原氏による磨きの実演をご覧いただけます。

※お渡しは約8ヶ月後を予定しておりますが、彫金やオーダー内容により期間に変動の可能性がございます。

 

取材・文/津島千佳


本館4階=ジュエリー&ウォッチ/ウオッチ フロアガイド

 

RECOMMEND

その他のおすすめイベント

迎春祭

迎春祭

11月28日(水) ~ 12月25日(火)

The World of Costume Jewelry Christmas 2018

The World of Costume Jewelry Christmas 2018

12月12日(水) ~ 12月21日(金) 最終日午後6時終了

2018 ISETAN CHRISTMAS LAND

2018 ISETAN CHRISTMAS LAND

12月12日(水) ~ 12月24日(月·振替休日) 最終日午後7時終了

お歳暮ギフトセンターオープン

お歳暮ギフトセンターオープン

11月7日(水) ~ 12月24日(月·振替休日)

伊勢丹のお歳暮

伊勢丹のお歳暮

10月17日(水) ~ 1月25日(金) 午前10時まで

GOYARD

GOYARD

12月12日(水) ~ 12月18日(火)

AHKAH

AHKAH

12月19日(水) ~ 12月25日(火)

2019年 先行新春福袋オンライン

2019年 先行新春福袋オンライン

10月31日(水) ~ 1月9日(水) 最終日午前10時終了

RWC 2019™ Mastercard® プレゼントキャンペーン

RWC 2019™ Mastercard® プレゼントキャンペーン

11月7日(水) ~ 6月30日(日)