ゆかたの話Vol.7 伊勢丹おすすめのゆかたとは? ゆかたの話Vol.7 伊勢丹おすすめのゆかたとは?

2017年、伊勢丹おすすめの「ゆかた」
担当バイヤーがイチオシ情報をお話しします。

2017年 ゆかたのトレンドは? 呉服商品部  金子直史 着物語・華むすび・ゆかたバイヤー 呉服商品部  金子直史 着物語・華むすび・ゆかたバイヤー 2017年 ゆかたのトレンドは?

2017年 ゆかたのトレンドは?2017年 ゆかたのトレンドは?

ここ数年来、「古典回帰」の傾向で「紺・白」をはじめとしたすっきりとシンプルなゆかたが人気でした。柄も古典的なものや、そのニュアンスを色濃く残すものが好まれており、クールジャパンの流れの中で、日本の良いもの、誇るべきものへのお客さまの関心の高まりを感じています。今年はそのような古典の良さに、現代のファッション感覚を程よく取り入れたものがトレンドになりつつあります。例えば、王道の「花柄」でも、西洋の花や、絵画的で繊細なタッチで魅せる、いわば「ボタニカル柄」が増えていることが特徴です。色も、紺・白から黄色やグリーンなど明るい色を取り入れた「多色づかい」が例年以上にご好評いただいています。現代感覚での着こなしの幅も広がり、帯の合わせ方や小物づかいなど、自分らしい着こなしを楽しんでいただきたいです。

今年ならではのポイントやおすすめ情報を教えてください 今年ならではのポイントやおすすめ情報を教えてください

今年ならではのポイントやおすすめ情報を教えてください今年ならではのポイントやおすすめ情報を教えてください

老舗のゆかたから、ファッション感覚のゆかたまで、今年もバリエーション豊富にご用意いたしました。イチオシは、6/28(水)~7/4(火)には伊勢丹新宿店本館1階のザ・ステージにて、写真家・映画監督の蜷川実花氏のディレクションブランド<M / mika_ninagawa>のゆかたが三越伊勢丹限定で初登場します。花をモチーフにしたテキスタイルを中心に、10種類の柄をご紹介します。是非お立ち寄りいただき、お気に入りの一枚を見つけていただきたいと思っています。7/1(土)・2(日)、8(土)・9(日)の4日間は、新宿伊勢丹屋上にて、<ISETAN BON DANCE 2017>を開催いたします。ゆかたを着て、夏をより楽しむお手伝いが出来たらと思っています。 

最後に一言メッセージをお願いします 最後に一言メッセージをお願いします

最後に一言メッセージをお願いします最後に一言メッセージをお願いします

ゆかたといえば、多くの方は最初は一人では着付けにも苦労する、初心者の時期があります。もちろん私もそうでした。しかし、それでもゆかたを着たいと思う多くの方々に、毎年ご来店いただいています。それは、ゆかた自体の魅力もさることながら、その日、その場所へ、ゆかたを着て出かけたいという思いとゆかたを着るシーンが着る人それぞれにあるからこそだと思います。そんなゆかたが、より魅力的な装いとして輝くシーンを、もっと増やし、盛り上げる提案を行っていく事もお客さまに驚きと感動をご提供する、伊勢丹の使命であると考えています。是非、今後も伊勢丹のゆかたにご期待ください。

「2017ゆかた」オンラインストア「2017ゆかた」オンラインストア
www.isetan.co.jp/sj/yukata



オンラインストアでも新作ゆかたを一部ご紹介中です。

みなさんはこの夏、着ようと決めているゆかたはありますか?
せっかくゆかたを着るなら、普段とは違う装いを楽しんでみるのもおすすめです!

「ペアゆかた」・・・ 親子、夫婦、友人と、デザインを揃えたゆかたや色違いコーディネートを楽しんで。
「柄を着る」 ・・・夏らしい柄、古典的な柄もゆかたならではの醍醐味。
「帯合わせ」・・・一枚のゆかたも、帯の色や素材、アレンジを変えて様々な雰囲気の装いに。

自由に自分らしいゆかたの楽しみ方を見つけてみてはいかがでしょうか。