きものの話Vol.11 縁起物・祝い文様 きものの話Vol.11 縁起物・祝い文様

今回は、きものや帯の文様にクローズアップし、文様に託された意味や由来についてご紹介します。

とくに今回は、店頭でご紹介しているきものや帯の中から“縁起”にちなんだ文様についてみていきたいと思います。

言わずと知れた松竹梅や鶴亀、宝尽くしを代表とする吉祥文様のほか、
花菱、七宝などの有職文様や亀甲や青海波などの幾何学文もおめでたい席向きの文様です。

代表的な3つの文様をあげてみました。

檜扇や御所車など雅やかな王朝風のものは礼装や晴着に多く見られます。

宝尽くし【たからづくし】

宝物を集めた中国の文様が日本風にアレンジされたもの。
構成要素は多様で、砂金や金貨を入れる金嚢や金を
量る分銅、仏宝の丁子。思いのままになる如意宝珠、
体が隠れる隠れ蓑・隠れ笠、打てば宝が出る打出の小槌、
知恵を表す宝剣など
すべてが揃わなくても宝尽くしとよびます。
吉祥的な文様として、晴着などに用いられます。

貝桶【かいおけ】

貝合わせの貝を入れるための道具。中世には
嫁入り道具のひとつでした。華やかな蒔絵を
施したものあり、現在は雛道具の中に見られます。
花などとともに文様化され、
礼装用のきものや帯に使われます。

四季の変化に富んだ日本にはさまざまな生き物が身近に存在し
松竹梅、鶴、亀などの動植物は古来より文様化されてきました。
四季の美を表現する目的できものに使われます。

鶴【つる】 亀【かめ】

「鶴は千年、亀は万年」といわれ、長寿なことから
吉祥文様として長寿なことから吉祥文様として使われます。

気象の変化の豊かな日本では、波や雲、雪や霞など自然現象までも
抽象化して見事に文様として表現しています。

観世水【かんぜみず】

水を横長の渦巻きのように表した文様。
能楽の観世流に由来し格調ある文様として
広く使われます。

雪輪【ゆきわ】

雪文様のひとつ。
雪の結晶に見られる美しい六角形の輪郭を、円形に描いた
線模様です。図のように雪輪の中に文様を入れたり、
雪輪を区切りとして用いたりもします。
振袖、留袖、小紋、帯など幅広く用いられます。

その他にも

正倉院文様、有職文様、名物裂文様、幾何学文様などの文様もあります。

きものや帯だけではなく、風呂敷や和小物にも様々な文様が使われています。
お召しになるシーンやご用途によって文様も使い分けてみてはいかがでしょうか。

以前、きものの話Vol. 2「きものの種類」の中で ご紹介
しましたが、きものも合わせ方・組み合わせによって着回しが
出来ます。とくに入学式・卒業式のお付添いから、観劇や
お食事会まで幅広く活躍する一枚として、“付下”の着回しを
ご紹介いたします。

【入学式・卒業式お付添い】
菱文様のグレーの付下。
きものに調和することを第一に、帯や小物は淡い色目の
取り合わせにします。式典には※図2のように袋帯で格を持たせ、
ドレスのようにエレガントに。 式典には、親族のお祝いごと
である七五三や成人式の時とは装いを変えるように
意識しています。

時には※図3のように帯を替え、 すっきりとカジュアルダウンを
して 観劇やお食事会向けの装いに。

着用シーンだけではなく、お好きな色、似合う色、やお顔映り
を考えて選ぶことがポイントです。

まとめ

季節感が出ないものも比較的着回しがしやすいきものです。
近頃は、牡丹唐草文以外にもさまざまな唐草、
唐花がきものの模様に使われています。

繁栄と成長を表す伸びていく蔓状のこれらの文様は
季節を問わずに装える祝い柄として、
お呼ばれなどの社交のきもので活躍する柄ゆきです。