伊勢丹新宿店 ワールドカップ直前企画

伊勢丹新宿店・元ラグビー部が語る #俺たちのノーサイドストーリー

このページをシェアする

2019/09/17

2019年9月20日(金)に開幕が迫る『ワールドカップ』。盛り上がりを見せるラグビー熱に、今までラグビーと縁がないという人でも、開幕の日を心待ちにしているという方も多いのではないでしょうか?

 

特にラグビーの話題で注目されるのが、ドラマのタイトルにもなった「ノーサイド」の言葉。ラグビー終了時に鳴る「ノーサイド」の笛は、単なる試合終了の合図ではありません。「負けたものは、勝者を称え、勝ったものは敗者を敬う」というラグビーの精神を表しています。今回はこの言葉にちなんだ、伊勢丹にまつわるラグビー秘話をクローズアップします。

 

 

元ラグビー部が活躍する伊勢丹新宿店は、店長も元・選手。

 

image

 

伊勢丹新宿店のオフィスには、見るからに体格の良い社員の姿が見受けられ、机上にもラグビーボールなどが飾られています。伊勢丹にはラグビーファンが多いの?……いえ、それだけではありません。伊勢丹には1959年から2001年までラグビー部が存在し、当時のメンバーは今も社員として活躍しているのです。

 

image

近藤洋 伊勢丹新宿本店長。中学2年よりラグビーを始め、1990年度まで伊勢丹ラグビー部に選手として在籍。廃部となる2000年度は監督兼GM。

 

「ラグビーの面白さは人の“絆”。個性の違う15人が一つの目標に向かってつながっていることだと思います。背が低くても、足が遅くてもいい。いろいろな人が、自分の個性を活かし存在価値を最大限に発揮し、一つの目標に向かう面白さは、仕事でも人生にも共通して言えることですよね」

と、ラグビーの面白さを語る近藤店長。初めは「何が面白いのかわからないから、やり続けていたのかも」と冗談を交えつつ、ラグビーのもつ普遍的な面白さを、仕事や人生に例えて教えてもらいました。

また、以下では当時伊勢丹ラグビー部の選手として活躍し、その精神を受け継ぐ伊勢丹ラガーマン3名にもインタビューを敢行。伊勢丹ラグビー部の精神、大雪の最終戦、そしてラグビーを引退してもなおラグビーへの情熱を絶やさない彼らの“ノーサイド”ストーリーを語ってくれました。

 

image

元伊勢丹ラグビー部の社員たち。(左)清水督史:在籍期間:2000年〜2001年、背番号:9番(スクラムハーフ)/(中央)須藤幸治:在籍期間:1989年〜98年、背番号:6番(フランカー)/(右)渡部寛 在籍期間:1992年〜1998年、背番号1(プロップ)

 

 

仕事も日本一、ラグビーも日本一。それが伊勢丹の誇り。

 

image

当時の伊勢丹ラグビーのメンバー。一番左が渡部さん。

 

日本の大学ラグビーで優秀な成績を収めた選手や、オールブラックスなど世界の強豪チームから外国人選手を採用するなど、80年代後半から選手強化に力を入れだした伊勢丹ラグビー部。試合では好成績を残し、日本一を目指す時代に突入しました。人も環境も大きく変化を遂げる中、チームの雰囲気はどのようなものだったのでしょうか。

 

image

 

渡部「大物の個性派揃いという感じです。みんな主張ははっきりしていましたが、チームワークは良かったですよ」

須藤「私が入社した89年頃は、なかなか結果が出ずつらい思いをしてきた先輩方と、外国人選手、そして僕らのような若手選手が混在していましたね。でも、若い選手が言いたいこと、やりたいことをやっていても、ベテラン勢はみんな大人で、温かい目で見守っているチームの雰囲気がありましたね。私がプレイしていた92年は現在の三越伊勢丹副社長の竹内や伊勢丹新宿店店長の近藤も選手として出場していましたが、2人は特によく面倒を見てくれたと思います。コツコツと仕事をしてラグビーもやる、そんな先輩の背中はいつも後輩のお手本になっていました」

 

image

「当時のグランドは土でしたから、いつも真っ黒でしたよ」という当時の試合後の写真がこちら。想像以上に真っ黒です。

 

当時の伊勢丹ラグビー部の練習を振り返ると、走り込みなどの基礎練習を徹底的に。社会人チームの中で一番きつい練習メニューだったのでは、と振り返る3人。そんな彼らのために、伊勢丹内にはファンクラブも存在し、土日といった百貨店にとって混雑する時も、試合があれば駆けつける社員の方の応援は絶えませんでした。どこへ行っても温かく迎えてくれたファンや社員の声は選手たちの励ましになっていたことでしょう。

 

 

大雪の最終試合 #俺たちのノーサイドストーリー

 

輝かしい戦績を残した伊勢丹ラグビー部でしたが、経営判断により2001年1月27日の最終試合をもって廃部となることが決定しました。しかし、惜しまれる中迎えたその日は、東京に訪れた10年ぶりの大雪で、通常であれば試合は中止または延期。それでも2月1日より新体制がスタートする伊勢丹にとって、“延期”の選択肢はありませんでした。

 

image

 

清水「私は2000年4月に入社して、翌年のこの日が現役最後の試合でした。レフェリーからも『すごい雪になったら試合は中止する』と釘を刺されていましたが、どうにか試合をさせてほしいと願いながらロッカールームで準備をしていました」

 

image

 

渡部「僕は現役を引退して2年経っていて、子どもを肩車して応援に向かっていたんです。とはいえすごい雪でしたし、今みたいに携帯で情報が発信されていなかったので、現場に到着するまで試合が行なわれるのか全くわからなくて。でも会場に到着してみたら、敵味方関係なく、試合に関係のないチームの方々までもが雪かきをしてくれていたんです」

 

同日の試合開始前、会場の秩父宮ラグビー場のすぐ近くに位置する日本ラグビー協会では、現在の日本のトップリーグ開設に向けてのミーティングが行なわれ、各チームの監督やマネージャーが集まっていました。ミーティング後、彼らは「伊勢丹に試合をさせてあげたい」という気持ちでスコップ片手に雪かきを開始。雪は止まないまま、渡部さんが到着する時間になっても作業は続いていたのです。こうして開始時刻は押したものの、無事試合は決行されました。

 

image

 

須藤「ラグビー協会のトップの方はすごい理解のある方で。今日が最後という伊勢丹に、『どうにか試合をさせてあげよう』と熱い想いをもって試合を実現させてくれたんです」

清水「僕はアップをするのにグラウンドに出てはじめて、色々なチームの方が雪かきをしてくれていることを知りました。その光景には敵味方も関係なく、“ノーサイド”という言葉を体感した瞬間でしたね」

 

image

ベースボール・マガジン社(2001)『ラグビーマガジン』2001年4月号

 

試合後半ともなると、ふくらはぎを覆うほど雪が積もり「歩幅が合わせられなくて、どう蹴っていいのかわかりませんでした」という清水さん。ボールコントロールが効かない前代未聞の試合でしたが、熱い声援を送り続けるファンとともに、試合は続行されました。

結果伊勢丹は、後半に追い上げを見せるものの【セコム17ー12伊勢丹】でノーサイド。真っ白なグラウンドは、燃え尽きた彼らを象徴しているかのようでした。

「負けたものは、勝者を称え、勝ったものは敗者を敬う」ノーサイドの精神のままに、その後は伊勢丹社員として職務を全うする者、移籍をして現役を続行する者、すべての選手がそれぞれ活躍できる場所へ。こうして41年間に渡る、伊勢丹ラグビー部の活動に終止符が打たれました。

 

 

お互いを尊敬し合う、それがラグビーの面白さ

 

廃部から既に18年が経ち、活躍した年代や世代がバラバラでも、ラグビーという絆でつながっている3名に、ラグビーの面白さについて聞きました。

 

image

 

須藤「バスケットであれば、全員に共通してに背が高くて、足が速い速攻性が求められると思いますが、ラグビーはポジションごとに特性が異なります。僕らのようにガッチリとした体格の者もいれば、清水のような者もいて。そして試合では2メートルくらいの選手に、170センチ以下の選手がタックルして止めることもあるんです。そういったことが見ている人にとって面白く、共感を呼ぶこともあると思います」

 

image

 

清水「ラグビーはメンバーそれぞれ役割が違うんです。私は最前列でスクラムを組めませんし、逆もしかり。こういった個性の違う仲間がお互いに尊重しあって、同じ目標に向かうことがラグビーの面白さだと思います。このラグビーの考え方は人間性にも強く影響していますね」

 

image

 

渡部「ラグビーには様々な楽しみ方があります。立ち上げて5年になる三越伊勢丹女子ラグビーフットボールクラブ(MIラガール)では、ぶつかり合いのないタッチラグビーを楽しんでいます。いろいろな人にコミュニケーションツールとしてのラグビーの楽しさを体感していただきたいです」

 

試合を観る、プレイする、どちらの面白さも語っていただいた3人。話しぶりに熱がこもり、笑顔がこぼれ、互いの話に共感しうなずき合っている様子から、ラグビーへの愛がひしひしと伝わってきました。

 

image

 

以下では、普段の業務内容は異なる3名がそれぞれの立場から関わり合い、ワールドカップを盛り上げる企画をご紹介します。

 

 

ノーサイドビールでみんなで乾杯しましょう!

 

三越伊勢丹の基幹3店(伊勢丹新宿店、日本橋三越本店、銀座三越)では、クラフトビール6社と協業した「NO SIDE BEER(ノーサイドビール)」を発売。「事業者とお客さま」「生産者とお客さま」をつなぎ、「ノーサイド」の精神を広めながら、ラグビー文化への一助を目的として、日本全国のラグビーファンの「地元のビールでラグビーを応援したい!」というお声にも応えるべく登場した「NO SIDE BEER」は、三越伊勢丹のラグビー精神を継承する事業の一つです。

ラグビーワールドカップの試合、仕事帰り、仲間と盛り上がりたいとき、一息つきたいときに。ノーサイドビールで乾杯しませんか?
※20歳未満の方の飲酒は法律で禁止されています。

 

image

 

 

 

ラグビーニュージランド代表も来店!「オールブラックス」ポップアップストアをオープン

 

image

〈アディダス〉オールブラックスRWCオーセンティックジャージ 16,000円+税

 

優勝候補と謳われるラグビーニュージランド代表「オールブラックス」のユニフォームは、山本耀司氏がデザインした〈アディダス〉による新ユニフォーム。マオリ族を象徴するシダの葉があしらわれ、日本とマオリの文化の融合がデザインのテーマとなっています。

 

image

 

9月18日(水)〜24日(火)の1週間、伊勢丹新宿店本館1階=ステージにて、同チームのポップアップストアをオープン!彼らのロッカールームを意識した空間から、強く気高いオールブラックスを感じ取れるはずです。

22日(日)には、初戦(9月21日)を終えたオールブラックスの選手たちが来店するイベントを開催。間近で彼らを見られるチャンスをお見逃しなく!

 

 

 

 

ラグビーワールドカップ2019™パブリックビューイング

 

ラグビーの世界王者決定戦であるラグビーワールドカップがアジア初開催として日本にやってきます。

新宿区では、ラグビーワールドカップ2019™のパブリックビューイングを実施し、区民・来街者が共にスポーツを楽しむ機会を提供します。また、ラグビーワールドカップ2019™の観戦を目的に来日した外国人観光客に向け、安心して楽しめる街、新宿を広くPRします。

 

image

 

image

 

みんなで大きな声援を送りましょう!!

 

 

伊勢丹のとまらないラグビー愛は、ワンちゃんにも波及。

 

image

ラグビー ドッグTシャツ 6500円~+税/ラグビー トートバッグ 5,000円+税/スナックサック4,500円~+税

 

最後に、ラグビー愛が止まらない伊勢丹は、とうとうワンちゃんにまでラグビーを!公園ではトートバッグから取り出したラグビーボールで、一緒にランしましょう。ワンちゃんより速く走り、パスは後ろに投げてください。上手にできたらスナックサックから取り出したお菓子のご褒美でノーサイド。



いかがでしたか?今回のインタビューを通して、少しでもラグビーの面白さや伊勢丹のことが伝われば嬉しいです。ワールドカップは、伊勢丹と一緒に盛り上がりましょう!!

このページをシェアする

OTHER COLUMNS

その他のコラム

バイヤー厳選!「今」買うべき、マストアイテム

バイヤー厳選!「今」買うべき、マストアイテム

あなたはネット派?店頭派?徹底的に喜んでもらうためのギフトの贈り方【ネット編】

あなたはネット派?店頭派?徹底的に喜んでもらうためのギフトの贈り方【ネット編】

伊勢丹人があの人とファッション談義 ~株式会社ビームス 南馬越一義さん~

伊勢丹人があの人とファッション談義 ~株式会社ビームス 南馬越一義さん~

【特集】小学校受験のお洋服と雑貨。新宿店ならお子さま・お母さまのお洋服も一度にご覧いただけます。

【特集】小学校受験のお洋服と雑貨。新宿店ならお子さま・お母さまのお洋服も一度にご覧いただけます。

今シーズン、買うべきコートは? 伊勢丹で見つけた活躍必至のアウター4選

今シーズン、買うべきコートは? 伊勢丹で見つけた活躍必至のアウター4選

【三越伊勢丹のランドセル】人気ナンバーワン!パターンメイドランドセルとは?

【三越伊勢丹のランドセル】人気ナンバーワン!パターンメイドランドセルとは?

【特集】「冬のクリアランスセール」フロアマップ&ショップ移設情報

【特集】「冬のクリアランスセール」フロアマップ&ショップ移設情報

1月2日(木) から

新春福袋、クリアランス最新情報など、年末年始準備総まとめ!

新春福袋、クリアランス最新情報など、年末年始準備総まとめ!

運気アップ!?心もハッピーになりそうなアイテムを身につけて、2020年のスタートを!

運気アップ!?心もハッピーになりそうなアイテムを身につけて、2020年のスタートを!

ありがとう、の気持ちを込めて。新宿伊勢丹で選ぶクリスマスギフト

ありがとう、の気持ちを込めて。新宿伊勢丹で選ぶクリスマスギフト

運命の靴に出合うメソッド! 靴の品ぞろえ日本一の新宿伊勢丹今季のイチオシ

運命の靴に出合うメソッド! 靴の品ぞろえ日本一の新宿伊勢丹今季のイチオシ

ニットワンピをおしゃれに着るには? 新宿伊勢丹でお悩み解決!

ニットワンピをおしゃれに着るには? 新宿伊勢丹でお悩み解決!

RECOMMEND

おすすめのイベント

伊勢丹プレミアムウインターバザール

伊勢丹プレミアムウインターバザール

1月22日(水) ~ 1月31日(金)

~パリ発、チョコレートの祭典~サロン・デュ・ショコラ 2020

~パリ発、チョコレートの祭典~サロン・デュ・ショコラ 2020

1月27日(月) ~ 2月2日(日)

イセタンのバレンタイン

イセタンのバレンタイン

1月22日(水) ~ 2月14日(金) ※6階催物場は、2月5日(水)~14日(金)まで

2月1日(土)の営業時間変更について

2月1日(土)の営業時間変更について

ショーメ

ショーメ

1月22日(水) ~ 1月28日(火)

京都ものづくり

京都ものづくり

1月22日(水) ~ 1月28日(火)

<MCM by PHENOMENON/エムシーエムバイフェノメノン>の期間限定ストアが登場

<MCM by PHENOMENON/エムシーエムバイフェノメノン>の期間限定ストアが登場

1月22日(水) ~ 2月4日(火)

 【三越伊勢丹のランドセル2021】新作ランドセル情報Vol.2 〈Sebastian Masuda ART〉コラボ “「Kawaii」ランドセル”

【三越伊勢丹のランドセル2021】新作ランドセル情報Vol.2 〈Sebastian Masuda ART〉コラボ “「Kawaii」ランドセル”

定期宅配サービスISETAN DOOR 氷室豚入りおためしセットご紹介中

定期宅配サービスISETAN DOOR 氷室豚入りおためしセットご紹介中

贈りたいバレンタインギフトがきっと見つかる!

贈りたいバレンタインギフトがきっと見つかる!

1月15日(水) ~ 2月14日(金)